›› スタディサプリで学び直した体験談をみる

MARCH落ちから早慶進学が増加!? 大学選びの新時代へ

この記事は消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に作成しています。一部外部リンクにはPRが含まれる場合もあります。

近年、早慶志望者の中でMARCH大学に進学するケースが増えており、MARCH大学と早慶大学の間の差が詰まってきていると言われています。この記事では、MARCH落ち早慶進学者の増加やその背景、難易度の差、それぞれの進学者の違いや受験勉強の進め方などを詳しく解説していきます。受験生の皆さんはもちろん、今の大学生や関心がある方にも参考になる情報が満載ですので、是非最後までお読みください。

1. MARCH落ち早慶進学者の増加

university

最近、MARCHの学生が早慶大学に進学するケースが増えていると言われています。特に、友人の中にはMARCHから早稲田大学に進んだ人もいるそうです。現在の状況から見ると、MARCH大学も早慶大学と同等の志望校とみなされている可能性があります。また、最近では東京大学や駒場東邦大学を受験した学生が早慶大学に進学するケースも増えています。私立大学の定員が厳しくなり、難易度の差も縮まっているようです。つまり、日本東京大学や駒場東邦大学も見逃すわけにはいかない存在だと言えるでしょう。

早慶志望者の中には早慶大学に受からず、結局はMARCH大学に進学する人が非常に多いです。実際、早慶志望者の大半はMARCH大学に進学する道を選びます。しかし、実際に早慶大学に受かる人とMARCH大学に進学する人には何か違いがあるのでしょうか?もしもあなたが早慶志望であるなら、この違いを把握しておかなければ損をすることがあるかもしれません。知らずに受験勉強を進めていると、結果的に早慶大学に落ちてしまい、MARCH大学に進学することになるかもしれません。「もっと早く気付いていればよかった…」と後悔しないためにも、早慶大学に受かる人とMARCH大学に進学する人の違いを把握しておきましょう。

💡

おすすめ関連記事

【無料】勉強疲れにおすすめゲーム3選
【無料】勉強疲れにおすすめゲーム3選

2. MARCHと早慶・日東駒専の難易度の差

university

早慶大学とMARCH大学の間には、受験難易度において明確な差が存在します。さらに、最近では日東駒専から早慶大学へ進学する例も増えています。私大の定員数が厳しくなり、それに伴い難易度の差も縮まってきたようです。日東駒専も過小評価できませんね。

具体的なイメージが持てない場合もあるかもしれません。そこで、ここでは早慶大学とMARCH大学の難易度の差について説明します。

2.1 難易度の差が生じる要因

早慶大学の合格者とMARCH大学に進学する者の間には、次の3つの大きな違いがあります。

2.1.1 自分が見えているかどうか

まず、自分自身を客観的に把握できるかどうかが重要です。自分がどの程度の実力を持っているのかを知り、志望校との距離を把握することが必要です。自分を客観的に見ることができなければ、自分の進むべき道が見えてこないでしょう。

2.1.2 考えようとする姿勢があるかどうか

次に、考える姿勢が重要です。どのようにして早慶大学への最短ルートを見つけるかを考える必要があります。ただ単に進みたいと思うだけでは不十分です。実際に行動し、進む道を具体的に考えることが必要です。また、進むスピードも遅すぎては間に合いません。

2.1.3 ちゃんと本気かどうか

最後に、本気で早慶大学へ進学したいという意思の有無が重要です。当たり前のことかもしれませんが、実際には本気で進学したいと思っている人とそうでない人の間に明確な差があります。本気で早慶大学を目指している人と、結局MARCH大学に進学する人では、この基準ははっきりと異なります。

2.2 早慶大学とMARCH大学の難易度の違い

上述した3つの要素に基づくと、早慶大学とMARCH大学の間には難易度の差が生まれます。しかし、これは必ずしも早慶大学を受験することが必要なことを意味するわけではありません。実際、多くの受験生が早慶大学に落ちてMARCH大学に進学しています。

MARCH大学を受験する人たちの中には、早慶大学に受かるほどの実力がないと思っている人が多いのです。しかし、実際には早慶大学に行く生徒の中にも、MARCH大学に行く生徒と同じような実力を持っている人が少なくありません。

早慶大学とMARCH大学の間には一見大きな差があるように思えますが、実際にはそこまでの差はありません。受験生の大半がMARCH大学に合格することはありませんし、どちらの大学に進学するためには基礎的な知識が必要です。違いは確かにあるものの、難易度の高い問題に対処できるレベルまで実力を高めていれば、それほど手の届かないところではありません。

しかし、ほとんどの受験生はMARCH大学にすら合格することができません。したがって、多くの受験生にとって「MARCHまでの距離」と「MARCHから早慶までの距離」のうち、実際には前者の方が遠いと言えるのです。

2.3 どこを目指すべきか?

MARCH大学に合格するためには、早慶大学を目指す覚悟が必要です。むしろ、MARCH大学の特に下位学部に興味を持つ傾向がある場合、早慶大学の難易度を意識することが重要です。

正直に言いますと、受験の難しさをリアルに感じる受験生は少ないです。しかし、それほど難しい状況下でMARCH大学に合格することは非常に困難なことです。だからこそ、早慶大学の難易度を意識し、そのレベルに挑戦する覚悟が必要です。早慶大学を目指すことで、MARCH大学への進学に関する意識も高まるでしょう。

さて、具体的に早慶大学を目指すためにはどのようにすればいいのでしょうか?その方法については、是非武田塾の無料受験相談にお越しください。私たちは年間スケジュールを提案いたします。

3. 早慶に受かる人と落ちてMARCHに行く人の違い

university

早慶大学に受かる人とMARCH大学に落ちてしまう人の違いは、能力や頭の良さにのみよるものではなく、考え方やアプローチの違いによるものです。以下に、両者の違いの要点をまとめます。

💡

おすすめ関連記事

【大人の勉強やり直し】オススメの本を教科毎に紹介!選び方のコツも解説!
【大人の勉強やり直し】オススメの本を教科毎に紹介!選び方のコツも解説!

自己把握と目標設定の明確さ

  • 早慶に受かる人は、自分を正確に把握し、自身との大学間のギャップを明確に認識しています。
  • 必要な取り組みや努力を理解し、明確な目標を立て、それに向かって努力しています。

問題解決能力と主体性

  • 早慶に受かる人は、最短ルートで目標を達成するための問題解決能力を持ち、自ら率先して行動します。
  • 単に進みたいと思うだけでなく、具体的な行動計画を立て、それに従って行動します。
💡

おすすめ関連記事

【2023年2月】超お得なAudible(オーディブル)キャンペーン最新情報
【2023年11月】超お得なAudible(オーディブル)キャンペーン最新情報

真剣な意欲とモチベーション

  • 早慶に進学したいという真剣な意欲が重要です。
  • 本気で早慶に入学したいと思っている人と、単に”本気っぽい”だけの人では、結果に明確な差が出ます。

これらの違いは、受験勉強を進める上で非常に重要です。ただし、一度にこれらの違いを実現するのは難しい場合もあります。したがって、自分の実力や目指す大学の難易度を客観的に把握し、適切な目標を設定することが重要です。より具体的な進学方法やタイミングについては、専門の受験相談を利用することをおすすめします。

なお、本記事の目的は、早慶志望者とMARCH志望者の差を理解することです。具体的な学校名を挙げることや、誰が早慶に受かりMARCHに落ちたかについては触れません。

💡

おすすめ関連記事

Audibleって高すぎ?!月額料金と他社サービス6社と徹底比較!

4. 高校生の受験勉強の進め方とタイミング

studying

高校生の受験勉強は、進め方とタイミングが非常に重要です。以下では、効果的な受験勉強の進め方とタイミングについてご紹介します。

4.1 早い時期からのスタートが望ましい

受験勉強を早めに始めることで、十分な準備期間を確保し、効果的な学習計画を立てることができます。特に高校2年生の10月から勉強を開始することをおすすめします。このようにすることで、実質12ヶ月という長い期間を取ることができます。

💡

おすすめ関連記事

【大人向け】ウォーキングで勉強するメリットや学習方法とは?

4.2 ノーミスで進める必要がある

高校2年生の10月から受験勉強を始める場合、ミスは許されません。確認テストや宿題が終わらなかったり、ミスがあると計画が狂ってしまいます。そのため、全ての学習をノーミスで進める必要があります。

4.3 高校3年生の春からでも間に合わないことはない

高校3年生の春から受験勉強を始めても、間に合わないことはありません。しかしこの場合、ミスを許す余裕はありません。計画通りに進めなければ、タイムリミットまでに全ての科目を網羅することが難しくなります。

💡

おすすめ関連記事

【2023年最新】社会人の学び直しにおすすめ通信制大学ランキング(スクーリングなし)
【2024年最新】社会人の学び直しにおすすめ通信制大学ランキング(スクーリングなし)

4.4 リスクを取らずに基礎学習を重点的にすることも選択肢の一つ

受験勉強を進める上でリスクを避けたい場合、志望校をワンランク下げるか、過去問演習を減らして基礎学習に重点を置くなどの選択肢もあります。これにより、確実に実力を身につけることができます。

4.5 まとめ

高校生の受験勉強は、早い段階からのスタートが重要です。高校2年生の10月から勉強を開始するのが理想的ですが、高校3年生の春からでも間に合わないことはありません。ただし、ミスを許さないためには全ての学習をノーミスで進める必要があります。リスクを避けつつ確実に実力を身につけたい場合は、基礎学習に重点を置くことも効果的です。受験勉強の進め方とタイミングを考慮し、効果的な学習計画を立てましょう。

5. 客観的な見方と自分の実力の把握

studying

受験勉強において重要なのは客観的な見方と自己の実力の正確な把握です。自分の主観や感情に左右されず、客観的な視点で自らの実力を見極めることが求められます。以下に客観的な見方と自分の実力を把握するためのポイントをまとめます。

💡

おすすめ関連記事

大人がサイゼリアで快適に勉強するコツ2つ|失敗するNG例も解説!

1. 数字で見る

模試や過去問の結果は、自分と志望校との距離を客観的に示してくれます。どんな感想や主観的な思いがあっても、数字は確かな事実です。そのため、受験勉強の成果を把握する際には、模試や過去問の結果を受け入れることが重要です。自分の思い通りでない結果であっても、それが本当の実力だと受け止めることが必要です。

2. 客観的な視点を持つ

自分自身を客観的に捉えることは、自分に必要なものや改善すべき点を見つけるために不可欠です。主観的な見方や自己評価だけでは、自分が本当に必要としていることや選択すべきことが見えてきません。常に客観的な視点を持ち続けることで、正しい選択や成長への道筋を見つけることができます。

💡

おすすめ関連記事

【大人の勉強やり直し】美術のおすすめ学習方法3選+学び直すメリット4選

3. 自己評価の甘さに注意する

人間は自分を甘やかしたくなるものですが、受験勉強では自己評価の甘さに気をつける必要があります。自分なりの基準や都合の良い判断に流されることなく、自分の実力を客観的に評価することが大切です。自分が満足してしまう程度の結果や仕上がりではなく、目指すべき基準を高く持ち続けることが必要です。

4. ミスを重要視する

少しのミスや不備が大きな差を生むことが受験勉強ではあります。ミスを起こさないことは容易ではありませんが、ミスを減らすことは可能です。日頃の学習や模試、過去問での取り組み方を見直し、ミスの原因を分析して理解することで、ミスを減らすことができます。ただし、ミスを単なるミスとして処理するのではなく、そのミスをした原因は必ず自分にあることを認識し、対策を取ることが重要です。

💡

おすすめ関連記事

【大人向け】audibleとaudiobookで勉強はどっちがおすすめ?【徹底比較】

5. 最低限の基準を超える目標を持つ

受験勉強では、ギリギリ合格を目指すよりも、最低限の基準を超える目標を持つことが求められます。ギリギリ合格を狙うということは、ミスや不備があると合格できないという状況になります。そのため、過去問の合格点に加えてさらに数割上を目指すことが望ましいです。このような高い目標を持つことで、ミスや不備に余裕を持って対応することができます。

以上が客観的な見方と自分の実力を把握するためのポイントです。自己評価の甘さや主観的な思いに流されず、客観的な視点で自分を見つめ直すことが重要です。模試や過去問の結果を参考にしながら、常に向上心を持ち続けてください。

💡

おすすめ関連記事

【大人の勉強やり直し】オススメの本を教科毎に紹介!選び方のコツも解説!
【大人の勉強やり直し】オススメの本を教科毎に紹介!選び方のコツも解説!

まとめ

このブログでは、「MARCH落ち早慶」に関する様々な要点をご紹介しました。

まず、MARCH大学から早慶大学への進学者が増加している現状について取り上げました。また、早慶大学とMARCH大学の難易度の差や、早慶大学に受かる人とMARCH大学に進学する人の違いについても解説しました。

さらに、高校生の受験勉強の進め方やタイミングについても詳しく説明しました。そして、客観的な見方や自分の実力の把握の重要性を強調しました。

受験勉強は自分自身を客観的に見つめ直し、効果的な学習計画を立てることが求められます。また、自己評価の甘さや主観的な思いに流されず、客観的な視点で自己の実力を把握することも重要です。

これらのポイントを意識しながら、自分の目指す大学へ向けて努力しましょう。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よくある質問

Q1. MARCH大学と早慶大学の受験難易度の差はありますか?

A1. はい、MARCH大学と早慶大学には受験難易度の差があります。ただし、最近の傾向として、私立大学の難易度が上昇しており、MARCH大学も早慶大学と同等の志望校とみなされることがあります。

💡

おすすめ関連記事

【大人の勉強やり直し】スマイルゼミを40代の主婦が受講してみた!口コミ評判もご紹介

Q2. 早慶大学に受かる人とMARCH大学に進学する人の違いは何ですか?

A2. 早慶大学に受かる人とMARCH大学に進学する人の違いは、自己把握と目標設定の明確さ、問題解決能力と主体性、真剣な意欲とモチベーションにあります。早慶大学を目指す人は、自分の実力を正確に把握し、具体的な行動計画を立て、本気で早慶大学に進学したいという意欲を持っています。

Q3. 高校生の受験勉強の適切な進め方とタイミングはありますか?

A3. 高校生の受験勉強は、できるだけ早い時期から始めることが望ましいです。特に高校2年生の10月から勉強を開始するのが理想的ですが、高校3年生の春からでも間に合わないことはありません。ただし、ミスを許さず計画通りに進める必要があります。

💡

おすすめ関連記事

history
大人のための日本史学び直し – 魅力的な書籍と方法で楽しく学ぼう!

Q4. 受験勉強において、客観的な見方と自分の実力の把握はなぜ重要ですか?

A4. 受験勉強において客観的な見方と自分の実力の把握は重要です。自己評価の甘さや主観的な思いに流されず、客観的な視点で自分を見つめ直すことで、適切な目標設定や選択をすることができます。また、ミスや不備に気付き、改善することで、成績の向上や志望校合格の可能性を高めることができます。