›› スタディサプリで学び直した体験談をみる

持ってるだけで金になる資格!キャリアアップや収入アップを実現する資格取得の秘訣

この記事は消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に作成しています。一部外部リンクにはPRが含まれる場合もあります。

1. はじめに:お金になる資格って?

business

お金を稼ぐためには、仕事やビジネスで収入を増やすために必要な資格を取得する必要があります。多くの人々は、資格を取得することで収入をアップさせたり、転職を考えたりすることがあります。しかし、ただ資格を持っているだけではお金が自然と増えるわけではありません。資格を取得することで、自身のスキルや専門知識を高めることができますが、それが経済的な成功につながるかどうかは別の話です。

それでも、適切な資格を選ぶことで、スキルアップや専門性の向上を図ることができます。以下のポイントを考慮しながら資格を選ぶことが重要です。

  • ニーズや専門性の高い分野を重視する
  • 取得の難易度を考慮する
  • 独占業務が存在するか確認する

これらのポイントを念頭に置いて資格を選ぶことで、将来的には高収入や安定した生活を実現する可能性があります。

資格取得には困難さを感じるかもしれませんが、実際には半年以内で取得できるものもあります。自身の知識や経験を活かせる資格や自身の業界に関連する資格を選ぶことで、勉強時間を短縮することも可能です。

また、資格取得には受験資格を満たす必要がある場合もありますので、事前に確認することが重要です。さらに、資格取得後の将来性や独立のチャンスも考慮することが必要です。高難易度の資格に挑戦する際には、自身の得意な分野を活かして取得することが有利です。自身にとって有益な資格を見つけるためには、総合的に考えて選ぶことをおすすめします。

次のセクションでは、具体的なポイントやおすすめの資格について詳しく解説します。

💡

おすすめ関連記事

事務職から年収150万円アップしリモートワークで快適になった話

2. 資格選びのポイント

career

資格選びの際には、いくつかのポイントを考慮することが重要です。以下に資格選びのポイントを紹介します。

自分のキャリアプランに合った資格を選ぶ

自分の将来のキャリアプランに合った資格を選ぶことが大切です。興味を持ち、将来に活かせる可能性のある資格を選ぶことで、学習にモチベーションを保ちながら進めることができます。

資格を選ぶ際には、自分のキャリア目標や興味関心を明確にしましょう。例えば、金融業界を目指す場合には、金融に関連する資格を選ぶと有益です。ファイナンシャルプランナーや証券外務員など、金融業界でのキャリアアップに役立つ資格があります。

市場の需要を考慮する

自分に合った資格を選ぶためには、市場の需要を考慮することも重要です。業界や職種によって求められる資格は異なるため、事前に市場や業界の動向を調査しましょう。

特定の職種や業界を目指す場合には、その資格の需要が高まっているかどうかを確認しましょう。例えば、海外向けの企業で働く場合には、TOEICなどの英語力を証明する資格が求められることがあります。

【SANTA TOEIC利用者の口コミ評判】使い方や効果を徹底解説!

就職や転職に役立つ資格を選ぶ

資格取得は、就職や転職活動に役立つこともあります。特に、宅地建物取引士や中小企業診断士など、高い難易度を持つ資格は、企業からの需要が高く、有利に働くことが多いです。

資格を持つことで求人の幅が広がり、自分のキャリアに適した職場や待遇を選ぶことができます。また、資格取得によって年収アップのチャンスも広がるため、キャリアの成長にも繋がるでしょう。

これらのポイントを考慮しながら、自分に合った資格を選ぶことが大切です。資格取得は自己成長にも繋がるため、将来のキャリアを見据えて慎重に選びましょう。

3. お金になる資格TOP10

qualification

以下に、お金になる資格TOP10をご紹介します。これらの資格は、高い専門性と社会の需要から、取得することで収入アップの可能性が高くなります。

💡

おすすめ関連記事

【大人向け】audibleとaudiobookで勉強はどっちがおすすめ?【徹底比較】

1. 公認会計士

  • 税理士や監査業務に携わることができます。
  • 難易度が高く、取得までの期間は約7年です。

2. 宅地建物取引士

  • 不動産業界での仕事に関わることができます。
  • 取得までの期間は約2か月で比較的短いです。
💡

おすすめ関連記事

【口コミ】トーキングマラソンで勉強した大人が実感した3つの効果とは?
【口コミ】トーキングマラソンで勉強した大人が実感した3つの効果とは?

3. 中小企業診断士

  • 中小企業の経営相談や支援を行うことができます。
  • 難易度が高く、取得までの期間は約1年です。

4. ファイナンシャルプランナー(FP)

  • 個人や企業の金融や保険の相談に応じることができます。
  • 難易度が比較的低く、取得までの期間は約1年です。
💡

おすすめ関連記事

education
大人のための中学復習!知識を広げ、学び直しのステップブァイステップガイド

5. 日商簿記2級

  • 会計の基礎知識を持つことができます。
  • 難易度が低く、取得までの期間は約6か月〜1年です。

6. 社会保険労務士

  • 労働や社会保険に関する助言や手続きを行うことができます。
  • 難易度が高く、取得までの期間は約2年です。
💡

おすすめ関連記事

【2023年2月】超お得なAudible(オーディブル)キャンペーン最新情報
【2023年11月】超お得なAudible(オーディブル)キャンペーン最新情報

7. パソコン検定

  • パソコンの基本的な操作や応用を試験で証明することができます。
  • 難易度は低く、取得までの期間は自己学習次第です。

8. 簿記3級・2級

  • 会計業務や経理業務を行うことができます。
  • 難易度は低く、取得までの期間は約6か月〜1年です。
💡

おすすめ関連記事

【無料】100問計算問題アプリ(ドラゴン桜が推奨)

9. 初級シスアド

  • システム開発やITに関する基礎知識を持つことができます。
  • 難易度が低く、取得までの期間は約6か月〜1年です。

10. ビジネス文書検定

  • ビジネス文書の作成やコミュニケーション能力を証明することができます。
  • 難易度は低く、取得までの期間は自己学習次第です。

これらの資格は自己の努力と学習を通じて取得することが可能です。興味や希望に合わせて適切な資格を選び、キャリアアップにつなげましょう。ただし、資格取得だけでなく、実務経験や成果も重要であることを忘れずにください。 【大人の勉強やり直し】おすすめ資格まとめ|合格体験談や口コミ評判を徹底解説

💡

おすすめ関連記事

perseverance
二浪全落ちからの逆襲!失敗を乗り越える方法と正しい勉強法

4. 各資格の特徴と取得方法

lawyer

💡

おすすめ関連記事

【大人の勉強】ITパスポートって意味ない?ゴミ?合格者がメリットを徹底解説

4.1 弁護士の特徴と取得方法

弁護士は法律に特化した資格であり、法律事務所や企業の法務部などで活躍することができます。弁護士の平均年収は非常に高く、初年度の平均年収も500万円以上です。

弁護士を目指すためには、弁護士試験に合格する必要があります。弁護士試験は非常に難関なため、予備試験の合格後に法科大学院に進学することが必要です。合格までの期間を短くするためには、通信講座や資格学校を利用することがおすすめです。

4.2 公認会計士の特徴と取得方法

公認会計士は企業の監査業務や税理士業務などを行う国家資格です。 公認会計士は平均年収が高く、初任給でも平均で30万円以上です。また、独占業務の一部であるため、安定した給与を得ることができます。

公認会計士を目指すためには、受験資格に制限がないため、誰でも受験することができます。公認会計士試験は難関ですが、予備知識や実務経験を積むための勉強が重要です。

💡

おすすめ関連記事

【エンジニア厳選】社会人におすすめプログラミングスクール比較(大人の学び直し!)
【エンジニア厳選】社会人におすすめプログラミングスクール比較(大人の学び直し!)

4.3 不動産鑑定士の特徴と取得方法

不動産鑑定士は不動産の査定や評価を行う資格です。不動産市場の活況により需要が高まっており、平均年収も上昇しています。

不動産鑑定士を目指すためには、不動産関連の学校や通信講座を活用することで効率的に勉強することができます。また、不動産市場の動向や不動産の評価方法についても学ぶ必要があります。

4.4 医師の特徴と取得方法

医師は医療業界で最も尊敬される職業の一つであり、高い収入を得ることができます。医師の平均年収は非常に高く、専門医になるとさらに収入が増えます。

医師を目指すためには、大学で医学部に進学し、医師免許を取得する必要があります。医学部は競争率が高いため、高い学力と医学への志望意欲が求められます。

💡

おすすめ関連記事

【徹底比較】トーキングマラソンとスピークバディは大人の勉強でおすすめはどっち?!

4.5 プログラマーの特徴と取得方法

プログラマーはIT業界で需要が高い職業の一つであり、高い収入を得ることができます。プログラミングのスキルを身につけるためには、専門学校や通信講座、オンラインの学習プラットフォームを活用することがおすすめです。また、実際のプロジェクトに参加することで経験を積むことも重要です。

4.6 英会話講師の特徴と取得方法

英会話講師は英語のスキルを生かして国内外で活躍することができます。英会話講師の収入は教育レベルや経験によって異なりますが、高い収入を得ることも可能です。英会話の教室や独立して活動することができます。

英会話講師を目指すためには、英語力の向上や教育方法について学ぶことが重要です。教育機関や留学などを通じて英語力を磨くことがおすすめです。

💡

おすすめ関連記事

大人の勉強やり直し学力テスト算数数学
大人の学力テスト:算数・数学

4.7 WEBデザイナーの特徴と取得方法

WEBデザイナーはウェブサイトやアプリのデザインを担当する職業です。ウェブデザイナーの需要は増加傾向にあり、高い収入を得ることができます。

WEBデザイナーを目指すためには、デザインに関する学校や通信講座などを活用して技術を磨くことが重要です。また、最新のデザインのトレンドやツールについても常に学び続けることが必要です。

4.8 美容師の特徴と取得方法

美容師は美容業界で活躍する職業の一つであり、高い収入を得ることができます。美容師の平均年収は非常に高く、自身の技術や知識を向上させることでさらに高い収入を得ることができます。

美容師を目指すためには、美容専門学校や美容師免許の取得を目指すことが必要です。美容の知識や技術を学ぶだけでなく、お客様とのコミュニケーション能力も重要です。

💡

おすすめ関連記事

主婦必見!お金になる資格は?!働きやすい環境でスキルを活かす方法も紹介

4.9 証券アナリストの特徴と取得方法

証券アナリストは金融商品の価値を評価する専門家です。証券アナリストの平均年収は高く、金融機関や証券会社での勤務が一般的です。

証券アナリストを目指すためには、証券アナリストの学校や通信講座を利用して専門知識と経験を身につけることがおすすめです。金融市場の動向や経済に関する知識を深めることも重要です。

4.10 保育士の特徴と取得方法

保育士は子供の保育や教育を行う職業であり、社会的に重要な役割を果たしています。保育士の平均年収はやや低めですが、需要が高まっているため、収入も増加しています。

保育士を目指すためには、保育士養成学校や保育士試験の準備を行う必要があります。子供とのコミュニケーション能力や子育てに関する知識を身につけることが重要です。

5. 資格取得のメリットと勉強方法

studying

資格を取得することには多くのメリットがあります。特に学生のうちに資格を取得することは、将来の就職やキャリアアップに大いに役立ちます。また、学生のうちに資格を取得することで勉強時間を確保しやすく、大学の講義とも有効に連携させることができます。さらに、将来の仕事においても資格取得は応用できることがあります。

💡

おすすめ関連記事

【大人の勉強やり直し】社会のオススメ学習方法4選+学び直すメリット2選
【大人の勉強やり直し】社会のおすすめ学び直し方法4選+学び直すメリット2選

5.1 資格取得のメリット

以下に、資格取得のメリットをいくつか紹介します:

  • 勉強時間を確保しやすい: 学生のうちに資格を取得することで勉強時間を確保しやすくなります。社会人になると仕事に追われることが多く、なかなか資格を取得するための時間を確保することが難しくなるため、学生のうちに取得することがおすすめです。
  • 大学の講義にも効果的: 資格取得の勉強は大学の講義と連携することができます。例えば、TOEICの資格取得の勉強は大学の英語の講義とも応用できるため、効果的に学ぶことができます。
  • 将来につながる: 資格取得は将来の就職や仕事に役立つことがあります。学生のうちに資格を取得しておくことで、面接や履歴書でアピールポイントとして活用することができます。また、社会人としてもスムーズに知識やスキルを活用することができます。

5.2 資格取得の勉強方法

資格取得の勉強方法は以下のようなものがあります:

通信講座で学ぶ

  • 通信講座は質問ができるため、分からないところを講師に質問することができ、サポートが受けられます。
  • 試験に対応した教材が多く、分かりやすいため、効率よく勉強することができます。
  • テキストや教材が法改正に対応しているため、自分で調べる手間が省けます。

独学する

  • 独学のメリットは、自分のペースに合わせて勉強ができることです。
  • 教材費以外の費用がかからないため、予算を気にせずに勉強することができます。
  • 独学のデメリットは、一人で勉強するために孤独感があることや、分からないことを質問できる相手がいないことです。

通学スクールに通う

  • 通学スクールは資格取得に役立つ勉強方法です。スクールに通うことでモチベーションや学習ペースの管理がしやすくなります。
  • 先生がしっかりと教えてくれるため、わからないことも質問できます。

自分に合った勉強方法を選ぶ

自分に合った勉強方法を選び、効率的に資格取得の勉強を進めることが重要です。通信講座や独学、通学スクールなど、自分の学習スタイルや予算に合った方法を選ぶことが大切です。最も効果的な方法を選ぶことで、資格取得を成功させましょう。

💡

おすすめ関連記事

motivation
大学全落ちでも諦めない!浪人できない状況でも前向きな選択肢を見つける方法

まとめ

studying

資格取得にはさまざまなメリットがあります。学生のうちに資格を取得することで勉強時間を確保しやすく、大学の講義とも効果的に連携することができます。また、将来の就職や仕事にも活用できます。資格取得の勉強方法は通信講座、独学、通学スクールなどさまざまな選択肢がありますが、自分に合った勉強方法を選び、効率的に資格取得に向けて取り組みましょう。

まとめ

資格取得にはさまざまなメリットがあります。学生のうちに資格を取得することで勉強時間を確保しやすく、大学の講義とも効果的に連携することができます。また、将来の就職や仕事にも活用できます。資格取得の勉強方法は通信講座、独学、通学スクールなどさまざまな選択肢がありますが、自分に合った勉強方法を選び、効率的に資格取得に向けて取り組みましょう。
資格取得は自己成長にも繋がる重要なステップです。興味や将来のビジョンに合わせて適切な資格を選び、挑戦してみてください。資格取得には努力や学習時間が必要ですが、それに見合った成果と報酬が得られることでしょう。将来的には高収入や豊かなキャリアを築く可能性があります。資格取得の目標を持ち、確実な道筋を立てながら頑張りましょう。最後に、成功するためには信念と努力が必要です。自己啓発と成長を求めるなら、資格取得にチャレンジしてみてください。

💡

おすすめ関連記事

【大人向け】図書館で勉強やパソコンするうざい人の対処法

よくある質問

💡

おすすめ関連記事

たった10分!月3万円稼ぐ勉強ブログの始め方【図解でわかりやすく解説】

Q1. 資格取得は本当に必要ですか?

A1. 資格取得は将来のキャリアや収入アップの可能性を広げるために重要ですが、必ずしも必要ではありません。資格を取得することで自身のスキルや専門知識を高めることができますが、経済的な成功に直結するわけではありません。適切な資格を選び、自身のキャリアプランや将来の目標に合わせて取得することが重要です。

Q2. 資格を取得するための勉強方法はありますか?

A2. 資格取得のための勉強方法には、通信講座や独学、通学スクールなどさまざまな選択肢があります。自分の学習スタイルや予算に合った方法を選ぶことが大切です。通信講座は質問ができるため、教材も試験に対応しており効率的に勉強することができます。独学は自分のペースに合わせて勉強ができる反面、一人での勉強や質問相手がいないというデメリットがあります。通学スクールはモチベーションや学習ペースの管理がしやすく、先生に質問することができます。自分に合った勉強方法を選び、効率的に資格取得の勉強を進めましょう。

💡

おすすめ関連記事

online learning
インターネット家庭教師Nettyの魅力!最高のオンライン学習サービスを徹底解説

Q3. 資格を取得するメリットはありますか?

A3. 資格取得には多くのメリットがあります。学生のうちに資格を取得することで将来の就職やキャリアアップに大いに役立ちます。学生のうちに取得することで勉強時間を確保しやすく、大学の講義とも有効に連携させることができます。また、社会人としてもスムーズに知識やスキルを活用できます。資格取得は将来の仕事においても応用できることがあります。

Q4. 資格取得にはどれくらいの期間がかかりますか?

A4. 資格取得にかかる期間は資格や難易度によって異なります。一部の資格は半年以内で取得できるものもありますが、公認会計士や中小企業診断士などは数年以上かかる場合があります。資格取得には事前に受験資格や実務経験の要件がある場合もありますので、取得までの期間を把握する際には事前確認が必要です。自身の学習スケジュールや目標に合わせて、計画的に資格取得の勉強を進めることをおすすめします。