›› スタディサプリで学び直した体験談をみる

【集中できた!】大人の勉強に効率的な2つの時間帯|脳科学で解説!

この記事は消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に作成しています。一部外部リンクにはPRが含まれる場合もあります。

脳科学的に効率的な勉強の時間帯を紹介。

不適切な時間帯に勉強すると、内容がまったく記憶できないかもしれません

  

時間が少ない社会人だからこそ、効率的な時間帯に学習しましょう

効率的な時間帯
・朝(起床後3時間):すべての科目OK!
・夜(就寝前):記憶科目に適している

  

勉強を集中するためには、勉強する時間帯も大切ですが、集中できる勉強グッズを使ってみるのもオススメです。

勉強グッズ説明
耳栓›› おすすめの耳栓をみてみる
イヤホン›› おすすめのイヤホンをみてみる
タイマー›› おすすめのタイマーをみてみる
付箋›› おすすめの付箋をみてみる
卓上扇風機›› おすすめの卓上扇風機をみてみる

集中できる勉強グッズの他に、無料の学習アプリを使って勉強してみるのも面白く継続しやすいですよ。

 

大人の勉強に効率的な時間帯

勉強をやり直す大人にオススメの時間は次の2つ。

・朝(起床後3時間):すべての科目OK!
・夜(就寝前):記憶科目に適している

 

朝(起床後3時間):すべての科目OK!

「朝の3時間」は、最速で仕事がはかどるゴールデンタイム
引用:https://shuchi.php.co.jp/the21/detail/3360?

と、語るのは、脳科学者で有名な「茂木健一郎」さん。

  

その理由についてこう述べています。

「私たちは日中の活動を通して、目や耳からさまざまな情報を得ています。その情報は大脳辺縁系の一部である海馬に集められ、短期記憶として一時的に保管されます。その後に、大脳皮質の側頭連合野に運ばれますが、この段階では記憶は蓄積されているだけです。
それが睡眠をとることで、記憶が整理され長期記憶へと変わります。すると朝の脳は前日の記憶がリセットされるため、新しい記憶を収納したり、創造性を発揮することに適した状態になります。この脳の仕組みが、朝の時間がゴールデンタイムだと言われる理由です」
引用:https://shuchi.php.co.jp/the21/detail/3360?

  

大人は仕事の残業や家庭のことであったりと、なにかと忙しいもの

勉強をやり直す時間帯は、世の中がひっそりとしている早朝が一番効率的

仕事へ行かなければならないタイムリミットがあるので、ほどよい緊張感を持ちながら勉強できます。

わたしも眠い目をこすりながら5:30に起きていますが、外が静まり返っているので集中できますよ

  

夜(就寝前):記憶科目に適している

東京大学薬学部薬品作用学教室教授「池谷 裕二」さんは睡眠と記憶の関係性についてこう述べています。

睡眠と記憶には深い関りがあります。
勉強前と勉強後で、どれだけ点数が上がるかの実験で、
もちろん、「勉強前」よりも「勉強直後テスト」の方が点数は高い。
しかし、「いつも通りの睡眠後、翌朝にテスト」を行った方が成績は高いという結果がでた。
参照:https://artof-memory.com/media/anki-jikantai/

 

効率的に暗記するためには、「勉強した量」よりも「勉強した時間帯」が重要

あなたが暗記科目をやり直す場合には、記憶の定着率が高い就寝前が一番効率的に記憶できるのでオススメ

 

💡

おすすめ関連記事

大人の学力テスト:マーケティング

大人が時間帯関係なく効率的に学習する方法

時間帯といっても、業務内容によっては現実的に難しいこともありますよね。

その場合は、学習の処理スピードを上げるのがおすすめです。

 

ホンマでっかテレビに出演されている脳科学評論家で人気な澤口先生も認めた「速読解」なら学習効率や仕事の処理スピードが上がり、短時間で効率的に学習できますよ。

   
速読解の公式HP

 

時間が少ない社会人だからこそ、学習効率がアップしたら、無駄な時間を使わずに、短時間で効率的に学習することができますよ。

  

大人こそ効率的に勉強しよう

学習に効率的な時間帯は次の2つ。

朝(起床後3時間):すべての科目OK!
夜(就寝前):記憶科目に適している

何かと忙しく、勉強時間の確保が難しい大人だからこそ、効率的に学習しましょう