›› スタディサプリで学び直した体験談をみる

大人の勉強法・改善策: 勉強ができない大人から脱却しよう!

この記事は消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に作成しています。一部外部リンクにはPRが含まれる場合もあります。

現代社会は日々刻々と変化しており、大人になっても勉強が必要不可欠な時代になりました。しかし、中には勉強ができない大人も少なくありません。このブログでは、「勉強ができない大人」と「勉強ができる大人」の違いや、勉強ができる大人になるためにはどのようにすべきなのかといったポイントを解説していきます。あなたがこれまで勉強が苦手だと感じていたり、上達していく方法がわからなかったりする場合、このブログを参考にして自分の学習法を見つめ直してみてください。

1. 勉強できない大人と勉強できる大人の違い

adult learning

勉強できない大人と勉強できる大人の間には、いくつかの違いが存在します。勉強できない大人は、忙しさや疲労感により勉強に時間を割けないと感じるかもしれません。また、同僚や仕事の関係により疲れているため、勉強へのモチベーションが湧かないという悩みも抱えているかもしれません。

一方、勉強できる大人は、どれほど忙しく疲れていても、学習意欲を持ち続けることができます。では、彼らはなぜ勉強ができるのでしょうか?

勉強できる大人は、以下の3つの行動を実践しています。

1.1. ポイント1: 1日10分以上の勉強をする

勉強できる大人・社会人とは、1日10分以上勉強する人のことを指します。現在、勉強をしない人は100人中95人にものぼりますので、たとえ1日数分でも勉強をすることは大きな努力と言えるでしょう。最初の目標として、少なくとも1日10分以上の勉強を心掛けましょう。例えば英単語の覚え方など、10分あれば十分に役立つ勉強法が存在します。

1.2. ポイント2: ネガティブな思考を避ける

勉強が苦手と感じる人は、周りの人や自分自身と比較してしまうことがあります。しかし、ネガティブな感情やマイナス思考は成長の妨げになります。自分の可能性を制限することになってしまいます。そのため、自己成長にとって無駄な考え方は排除することが重要です。

1.3. ポイント3: 学生時代の勉強法の見直し

大人になってからの勉強は、学生時代とは異なるやり方で行う必要があります。付箋やマーカーを使った勉強法は学生の頃に効果的でしたが、大人の脳にはほとんど効果がありません。したがって、成人した自分の脳に合った勉強法に切り替える必要があります。

これらのポイントを実践することで、勉強できない大人から勉強ができる大人に変わることができます。次のセクションでは、具体的な3つのポイントについて詳しく説明します。

💡

おすすめ関連記事

education
MARCH落ちから早慶進学が増加!? 大学選びの新時代へ

2. 勉強できる大人になるための3つのポイント

study

勉強できる大人になるためには、以下の3つのポイントが重要です。

💡

おすすめ関連記事

motivation
ICU高校推薦入試で落ちたあなたへ! 失敗を乗り越えて成功への道を歩もう

1. 目標を設定する

まず、勉強できる大人になるためには、明確な目標を設定することが重要です。目標を設定することによって、自分がどの分野で成長したいのかを明確にし、それに向かって努力することができます。目標を設定する際には、具体的で計画性のある目標を立てることが大切です。たとえば、英語を学びたいという目標を設定する場合、いつまでにどの程度のレベルを達成したいのかを具体的に定めましょう。

2. 時間管理をする

勉強できる大人になるためには、時間管理が欠かせません。毎日のスケジュールを立て、勉強のために十分な時間を確保することが大切です。時間管理のポイントとしては、優先順位を明確にすることや、効率的に時間を使うために集中力を高めることが挙げられます。また、時間管理には自己管理能力も求められます。自分自身の誘惑に負けずに、計画通りに勉強を進めることが大切です。

💡

おすすめ関連記事

workplace
新社会人必見!社会人メンタルヘルスの現状と対策

3. 継続すること

最も重要なポイントは、勉強を継続することです。勉強は一度や二度行うだけでは成果が得られません。継続して取り組むことによって、知識やスキルが身につきます。継続するためには、自分自身に対して厳しいルールや習慣を作ることが重要です。たとえば、毎日決まった時間に勉強する習慣を作るなど、自分を鍛え上げることが必要です。また、継続するためには挫折を恐れず、失敗から学びながら前進することも重要です。

勉強できる大人になるためには、目標設定、時間管理、継続が不可欠です。これらのポイントを意識しながら取り組むことで、効果的な勉強を行い、成長することができます。勉強を続けることによって、自分自身の可能性を広げ、新たなスキルや知識を身につけることができるでしょう。

3. 自分の性格を理解して勉強を習慣化する方法

青空

勉強を継続するためには、自分の性格を理解することが非常に重要です。自分の性格を正しく把握することで、勉強習慣を身につける上での障害やポイントを見つけやすくなります。以下に、自分の性格を理解した上で勉強を継続するための手順をご紹介します。

1. 「なぜ勉強を習慣化したいのか?」と「自分の性格」を考える

まず、なぜ勉強を継続したいのか明確にしましょう。自分にとって勉強を習慣化させる理由をはっきりさせることは、モチベーションを高めるためにも重要です。また、過去の経験や行動から自分の性格を分析しましょう。自分が面倒くさがりな性格だと気付いた場合もあります。

💡

おすすめ関連記事

motivation
ICU高校推薦入試で落ちたあなたへ! 失敗を乗り越えて成功への道を歩もう

2. 自分に合った目標を設定する

勉強を習慣化するには、適切な目標を設定することがポイントです。目標は無理のない範囲で、自分の性格や生活スタイルに合わせたものにしましょう。確実に達成できる小さな目標を設定することで、モチベーションを保ちながら継続することができます。

3. 自分に合った勉強方法を見つける

勉強を習慣化するためには、自分に合った勉強方法を見つけることも重要です。例えば、「資格試験のテキストを1日3ページずつ読む」といった具体的な方法を考えることができます。また、自分の性格に合わせて工夫をすることも大切です。一度に全てを理解しようとせず、少しずつ取り組むなど、自分に合わせた方法を試してみましょう。

自分の性格を理解することで、勉強を習慣化するために適切な目標を設定したり、自分に合った勉強方法を見つけることができます。学生の頃は勉強が主な仕事であり、性格を気にすることはありませんでしたが、大人になると仕事や生活の中で学習を継続する必要があります。自分の性格や環境を考慮しながら、勉強習慣化のための方法を実践してみましょう。

💡

おすすめ関連記事

motivation
ICU高校推薦入試で落ちたあなたへ! 失敗を乗り越えて成功への道を歩もう

4. 願望を書くことで勉強へのモチベーションを高める方法

motivation

勉強に取り組むためには、自分の「願望」を書き出すことが有効です。

💡

おすすめ関連記事

motivation
Fラン大学に落ちたあなたへ!逆転の人生への第一歩を踏み出そう!

4.1 箇条書きで書く

まず、願望を箇条書きで書き出しましょう。考えずに思いついたままに書くことが大切です。具体的な内容や目標を書くことで、自分の頭の中に明確なイメージが浮かび上がります。

4.2 過去形で書く

次に、願望を過去形で書くことが重要です。願望が叶ったかのように表現することで、脳に思い込ませることができます。具体的な内容を書くとさらに効果的です。例えば、「半年後の資格試験に合格した」とか「毎朝早起きして読書できるようになった」といった具体的な願望を書きましょう。

💡

おすすめ関連記事

workplace
新社会人必見!社会人メンタルヘルスの現状と対策

4.3 勉強とは関係のない願望も書く

勉強に直接関連しない願望も一緒に書き出すことでモチベーションを高めることができます。勉強の目標だけでなく、自分自身の夢や目標も書きましょう。ワクワクする気持ちを高めることで、勉強に取り組む意欲も高まります。

4.4 自分の性格や特性に目を向ける

願望を書き出すだけでなく、自分自身の性格や特性にも目を向けましょう。自分が飽きっぽい性格であると自覚していれば、短期的で達成可能な小さな目標を設定することが有効です。自分に合った学習法や勉強の進め方を見つけることも大切です。

💡

おすすめ関連記事

education
MARCH落ちから早慶進学が増加!? 大学選びの新時代へ

4.5 ポジティブな気持ちを持ちながら勉強に取り組む

願望を書き出すことで、勉強へのモチベーションを高めましょう。思いついたままに書き出し、過去形で表現することで、願望を脳にイメージさせることができます。また、自分に合った学習法や目標設定をすることで、より効果的に勉強を続けることができるでしょう。

まとめると、願望を箇条書きで書き出し、過去形で具体的な内容を表現することでモチベーションを高めることができます。勉強に直接関連しない願望も書き出し、自分の性格や特性に目を向けながら勉強に取り組みましょう。ポジティブな気持ちを持ちながら効果的な勉強を行いましょう。

5. 注意力・集中力を改善しやる気を引き出す方法

mindfulness

勉強をする上で重要な要素の一つは、注意力と集中力です。しかし、注意力や集中力が低いと、勉強に取り組むことが難しくなり、やる気も失ってしまうことがあります。そこで、注意力と集中力を改善し、やる気を引き出す方法をご紹介します。

1. マインドフルネスを実践する

マインドフルネスは、現在の状況に意識を向けることで心の安定を図るメンタルトレーニングの一つです。勉強に集中するためには、自分の心を静めることが重要です。マインドフルネスを取り入れることで、不必要な思考や気になることに振り回されることなく、勉強に集中することができます。

以下はマインドフルネスを実践するためのポイントです。

  • まずは深呼吸をすることから始めましょう。鼻から息をゆっくりと吸い込み、口からゆっくりと吐き出すことで、自分の呼吸に集中します。呼吸に意識を向けることで、心を落ち着かせる効果があります。
  • 勉強に取り組む前に、数分間だけ目を閉じ、自分の心の中に意識を向けてみてください。気持ちや思考が浮かんできても、ただ観察するだけで、それに執着せずに過ごしましょう。これにより、心をクリアにし、集中力を高めることができます。
💡

おすすめ関連記事

workplace
新社会人必見!社会人メンタルヘルスの現状と対策

2. タスクを小さく分割する

大きな課題や目標を抱えると、一気に取り組むことが難しくなり、集中力も続きません。そのため、タスクを小さく分割し、段階ごとにクリアしていくことが大切です。小さな達成感を積み重ねることで、モチベーションが高まり、集中力が向上します。

以下はタスクを小さく分割するためのポイントです。

  • 大きな目標を具体的な小さなタスクに分割しましょう。例えば、「英語のリーディングを1時間集中して取り組む」という目標を「5つのパラグラフごとにリーディングする」といった具体的なタスクに分けることができます。
  • タスクごとに時間を決め、タイマーを使用して集中時間と休憩時間を管理しましょう。集中時間中は一つのタスクに集中し、休憩時間にはリラックスしたり、ストレッチをするなどしてリフレッシュします。

3. 音楽を活用する

音楽は集中力を高めるのに効果的なツールです。特に、インストゥルメンタルや自然の音など、言葉がない音楽は、作業や勉強中に気を散らすことなく集中するのに適しています。

以下は音楽を活用するためのポイントです。

  • 勉強用にプレイリストを作成しましょう。自分に合ったジャンルやテンポの音楽を選び、集中力を高めるためのバックグラウンドミュージックとして活用します。
  • 音楽の聴き方や使い方に工夫を凝らしてみましょう。例えば、勉強の合間に数分間だけ音楽を聴く、特定の曲を勉強開始の合図とする、などの方法があります。

これらの方法を取り入れることで、注意力と集中力を改善し、やる気を引き出すことができます。ぜひ試してみて、自分に合った方法を見つけてください。

💡

おすすめ関連記事

workplace
新社会人必見!社会人メンタルヘルスの現状と対策

まとめ

まとめると、勉強できない大人にならないためには、以下のポイントが重要です。

  1. 1日10分以上の勉強をすることが大事です。少なくとも1日10分以上の勉強を心掛けましょう。
  2. ネガティブな思考を避けることが必要です。自己成長のためには、無駄な考え方は排除することが重要です。
  3. 学生時代の勉強法を見直す必要があります。大人になってからの勉強は、学生時代とは異なるやり方で行う必要があります。

また、勉強できる大人になるためには、目標設定、時間管理、継続することが不可欠です。自分の性格を理解し、勉強へのモチベーションを高めるためには願望を書くことも有効です。さらに、注意力と集中力を改善し、やる気を引き出すためにはマインドフルネスを実践することや音楽を活用することが効果的です。

これらのポイントを意識しながら、自分自身の勉強習慣を築いていきましょう。

よくある質問

💡

おすすめ関連記事

education
MARCH落ちから早慶進学が増加!? 大学選びの新時代へ

Q1: 勉強できる大人になるために必要な時間はどれくらいですか?

勉強できる大人になるためには、1日10分以上の勉強をすることが重要です。少なくとも1日10分以上の勉強を心掛けましょう。

Q2: 勉強できる大人になるためのポイントは何ですか?

勉強できる大人になるためには、以下の3つのポイントが重要です。
1. 目標を設定する
2. 時間管理をする
3. 継続すること

💡

おすすめ関連記事

education
MARCH落ちから早慶進学が増加!? 大学選びの新時代へ

Q3: 自分の性格に合った勉強方法を知りたいです。どうすればいいですか?

自分の性格に合った勉強方法を見つけるためには、以下の手順があります。
1. 「なぜ勉強を習慣化したいのか?」と「自分の性格」を考える
2. 自分に合った目標を設定する
3. 自分に合った勉強方法を見つける

Q4: 勉強へのモチベーションが低い時、どうやってやる気を引き出せばいいですか?

勉強へのモチベーションを高めるためには、以下の方法が有効です。
1. 願望を書くことでモチベーションを高める
2. 自分の性格や特性に目を向ける
3. ポジティブな気持ちを持ちながら勉強に取り組む
4. 注意力と集中力を改善するためにマインドフルネスや音楽を活用する