›› スタディサプリで学び直した体験談をみる

新社会人必見!社会人メンタルヘルスの現状と対策

この記事は消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に作成しています。一部外部リンクにはPRが含まれる場合もあります。

社会における第一歩を踏み出す新社会人たちは、新しい役割と責任の重さに直面しながら、同時にその適応過程で多大なメンタルストレスを経験することがあります。”社会人メンタルヘルス”というテーマは、今日の労働環境と働く人たちの健康における極めて重要な問題を掘り下げます。このブログでは、新社会人のメンタルヘルスにおける現実の調査結果から、新卒社員が直面するメンタル不調の要因、社会人たちに求められる適応能力、そして企業によるメンタルヘルスケアの重要性について探究し、実効性のあるケアの実践例までを網羅していきます。社会人としての一員として働き始める人々の健全な心身の維持は、個人の幸福はもちろん、企業や社会全体の発展にとっても不可欠な要素であることを、このブログを通じてお伝えすることを目指しています。

1. 新社会人のメンタルヘルス実態調査について

stress

最近では、新社会人のメンタルヘルス不調が注目されています。2023年8月に実施された調査では、22〜24歳の男女新社会人100名を対象に、企業の従業員数が1,000名以上の企業でのインターネット調査が行われました。

調査の結果から、約59%の新社会人が体や心の不調に悩んでいることが分かりました。具体的には、疲れやすさやストレスの蓄積、体調不良などが頻繁に報告されました。

新社会人が体や心の不調に悩む原因としては、慣れない環境や職場の人間関係、仕事の責任感などが挙げられました。これらの要素が新入社員にとっては負担となり、メンタルヘルスに悪影響を及ぼす可能性があります。

特に最近では、職場における年功序列制度の薄れや即戦力志向が強まり、新入社員には大きなプレッシャーがかかる傾向があります。さらに、コロナ禍によるストレスの蓄積もメンタルヘルス不調の一因とされています。

このような調査結果から、新社会人のメンタルヘルス不調は社会的な課題として重要視されるべきです。従って、企業は新入社員のメンタルヘルスケアに対策を講じる必要があります。これには、新入社員のセルフケアを支援するだけでなく、職場環境やメンタルヘルスケア環境の整備も欠かせません。

💡

おすすめ関連記事

mental health
ストレスフリーな毎日へ!話題のメンタルケアアプリ「Awarefy」の口コミ&評判徹底調査

2. 新卒社員がメンタル不調になる要因

stress

新卒社員がメンタル不調になる要因は多岐にわたります。舘野聡子先生の解説によれば、以下のような要素が挙げられます。

① 学生時代とのギャップ

新卒社員にとって、学生時代から社会人になるという大きな変化があります。このギャップにより、生活の変化や自己の地位に戸惑いや不安を感じることがあります。たとえば、学生時代には高く評価されていたリーダーシップやコミュニケーション能力が、会社の評価基準では役に立たないと感じることがあります。

② 能力のギャップ

新卒社員自身と周囲の社員との能力の差も、メンタル不調の要因となります。英語力や専門知識の差、資格の有無など、他の新卒社員と比べて自己の能力に自信を持てないことから、自己劣等感や落胆を感じるかもしれません。

③ 期待と現実のギャップ

新卒社員が抱く会社への期待と現実のギャップも、メンタル不調の一因です。入社前のイメージと実際の現場の違いに失望し、やる気を失ってしまうことがあります。また、配属先や同期の状況との差異を感じることも、メンタル不調に繋がることがあります。

💡

おすすめ関連記事

education
偏差値35でも夢を追いかける!大学進学の現実と解決策

④ 環境の変化によるギャップ

新卒社員のメンタル不調は、研修期間や研修終了後の配属期間に増える傾向があります。環境の変化によるギャップが、新卒社員のメンタル不調の要因とされています。特に、新型コロナウイルスパンデミックの影響によるストレスの増加も、メンタル不調の要因として挙げられます。

これらの要因によって、新卒社員のメンタル不調リスクは高まります。企業はこれらの要因を理解し、対策を講じることが重要です。効果的なメンタルヘルスケアを提供することで、新卒社員の健康な成長をサポートしましょう。

3. 社会人に求められる適応能力

adaptation

社会人になると、新しい環境や業務に順応する能力が求められます。適応能力は、仕事を円滑に進めるために不可欠なスキルと言えます。以下に、社会人に求められる主な適応能力を紹介します。

  1. 響き合うコミュニケーション能力
    – 上司や同僚との円滑なコミュニケーションを図ることで、仕事の効率や品質を向上させることができます。
    – 積極的に意見を述べたり、相手の意見を尊重したりする姿勢が求められます。

  2. 変化に対する柔軟性
    – 社会は常に変化しています。新しい技術や業務方法の導入、組織の再編成など、様々な変化に適応できる柔軟性が求められます。
    – 変化を恐れず、積極的に学習する姿勢が重要です。

  3. 自己管理能力
    – 社会人になると、仕事やプライベートの両面で時間やエネルギーの管理が求められます。
    – 目標の設定や計画の立て方、優先順位の付け方など、自分自身を管理する能力が必要です。

  4. チームワーク
    – 多くの場面で他の人と協力して仕事を進める必要があります。円滑なチームワークを築くためには、コミュニケーション能力や協調性が必要となります。
    – チームメンバーとの信頼関係を築き、お互いの役割や意見を尊重することが大切です。

  5. クリエイティブな問題解決能力
    – 仕事において問題や課題に直面することは避けられません。柔軟な思考と創造力を活かし、新たな解決策を見つけ出す能力が求められます。
    – 適応能力を高めるためには、自ら考え、主体的に取り組む姿勢が重要です。

適応能力は、社会人としての基本的なスキルであり、成長とキャリアの発展にも直結する重要な要素です。自己啓発や経験を通じて、これらの能力を磨くことが求められます。

💡

おすすめ関連記事

studying
大人の勉強法・改善策: 勉強ができない大人から脱却しよう!

4. 企業によるメンタルヘルスケアの重要性

mental health

企業において従業員のメンタルヘルスケアに取り組むことは、非常に重要です。以下に、企業がメンタルヘルスケアに取り組むことの重要性を示します。

4.1 従業員の生産性向上と労災予防

従業員のメンタルヘルスケアを行うことは、生産性低下や労災を予防するために効果的です。従業員のメンタルヘルスが安定すると、仕事に対するモチベーションが高まり、業務の品質や生産性が向上します。これにより、従業員の離職率が低下し、新たな人材の採用もスムーズに行えます。また、労務関係でトラブルが生じることによる信用の損失も回避できます。

💡

おすすめ関連記事

university
大学受験の悲劇: 一浪全落ちの現実とその対策

4.2 従業員のエンゲージメント向上と業績向上

従業員がメンタルヘルスに配慮される環境で働くことは、その企業のエンゲージメントおよび業績向上につながります。メンタルヘルスが安定することで、お互いに信頼し合い、より良いチームワークを発揮することができます。また、メンタルに健康な従業員は、イノベーションや創造性に対しても積極的に貢献します。

4.3 信頼と離職防止

メンタルヘルスケアを重視する企業は、従業員に対して信頼と安心感を与えることができます。従業員がメンタルヘルスを維持し、仕事への意欲が高まることで、企業は貴重な人材を失うリスクを軽減できます。従業員の離職率が低下することは、企業の採用力強化にもつながります。

💡

おすすめ関連記事

mental health
【無料で始める】Awarefy(アウェアファイ)でメンタルケアを手に入れよう!

4.4 法令遵守と社会的責任

労働法において、労働者のメンタルヘルスケアは重要な要素とされています。企業は法的規制に適合し、従業員のメンタルヘルスケアに積極的に取り組むことで、法令遵守と社会的責任を果たすことができます。また、従業員のメンタルヘルスケアをサポートすることで、より良い労働環境を提供し、社会的な貢献を果たすこともできます。

上記から分かるように、企業におけるメンタルヘルスケアの重要性は、従業員の心の健康だけでなく、組織の運営や労災予防、生産性の向上、従業員の信頼と離職防止、法令遵守と社会的責任にも関わる重要な要素です。企業は積極的にメンタルヘルスケアを推進し、従業員のメンタルヘルスに配慮した働き方の改善や支援を行うことで、組織の発展と社会的貢献を果たすことができます。

5. 実効性のあるメンタルヘルスケアの実践例

mental health

メンタルヘルスケアを実践する方法はさまざまです。以下に、実効性のあるメンタルヘルスケアの実践例をいくつか紹介します。

5.1 メンタルヘルスに関する教育を実施する

メンタルヘルスの重要性を理解し、健康を維持・向上するためには、全従業員が積極的に関与することが重要です。経営陣や人事・総務部門などの健康管理担当者は、メンタルヘルスに関する知識を学び、組織全体で共有することで、メンタルヘルスケアに取り組む文化を醸成しましょう。従業員がメンタルヘルスに関する知識やスキルを習得できるよう、教育環境を整備することが重要です。

💡

おすすめ関連記事

university
偏差値37の大学に進むか一浪するか?勉強不足と向き合う選択の話

5.2 ラインケアを強化する

ラインケアは、管理職が部下のメンタルヘルス管理に取り組むことです。管理職が部下のメンタルヘルスケアを実践することで、全体的なメンタルヘルス環境が向上します。ラインケアを実践できる人材を増やすためには、外部の専門講師を招いてラインケアセミナーを開催するなど、積極的な取り組みが必要です。ラインケアが浸透することにより、組織全体のメンタルヘルスケアの実現が可能です。

5.3 ストレスチェックの充実

ストレスチェックは、従業員が抱えるストレスを早期に発見し、適切な対策を講じるために重要です。ストレスチェックツールを導入し、定期的に実施することで、従業員のストレスレベルを把握することができます。さらに、ストレスチェックの結果を分析し、必要な改善策や施策を検討することで、メンタルヘルスケアを実践することができます。

💡

おすすめ関連記事

education
MARCH落ちから早慶進学が増加!? 大学選びの新時代へ

5.4 コミュニケーションの促進

コミュニケーション不足は、従業員が抱える悩みやストレスを正しく把握することを妨げ、メンタルヘルスケアの効果を低下させる可能性があります。特にテレワークで働く従業員は、コミュニケーション不足に陥りやすい傾向があります。そのため、テレワーク従業員とのコミュニケーションを活性化させるため、コミュニケーションツールの導入や定期的なミーティング・相談会の開催などを行うことが重要です。

5.5 メンタルヘルス対策専門の部署の設置

メンタルヘルスケアに取り組む際、組織内にメンタルヘルス対策専門の部署を設置すると効果的です。この部署は従業員の相談窓口として機能し、ストレスや悩みを抱える従業員が助言や支援を受けられる場を提供します。また、外部の専門カウンセラーを雇うことで、メンタルヘルス対策専門の部署をより充実させることができます。従業員がメンタルヘルスへのサポートを受けやすくなるだけでなく、組織全体のメンタルヘルスケアの品質も向上するでしょう。

💡

おすすめ関連記事

perseverance
二浪全落ちからの逆襲!失敗を乗り越える方法と正しい勉強法

まとめ

社会人のメンタルヘルスは、新入社員のメンタル不調や適応能力、企業によるメンタルヘルスケアの重要性から注目されています。新社会人が抱える体や心の不調は、学生時代とのギャップや能力のギャップ、期待と現実のギャップ、環境の変化によるギャップなどが要因となっています。社会人には響き合うコミュニケーション能力、変化に対する柔軟性、自己管理能力、チームワーク、クリエイティブな問題解決能力などの適応能力が求められます。企業においては従業員のメンタルヘルスケアを行うことが重要であり、従業員の生産性向上や労災予防、エンゲージメント向上や業績向上、信頼と離職防止、法令遵守と社会的責任を果たすためにも取り組むべきです。実効性のあるメンタルヘルスケアの実践例として、メンタルヘルスに関する教育の実施、ラインケアの強化、ストレスチェックの充実、コミュニケーションの促進、メンタルヘルス対策専門の部署の設立などがあります。組織全体でメンタルヘルスケアに取り組むことで、従業員の健康な成長と組織の発展を促進しましょう。

よくある質問

💡

おすすめ関連記事

university
大学受験の悲劇: 一浪全落ちの現実とその対策

Q1. 新社会人のメンタルヘルス不調の具体的な要因は何ですか?

A1. 新社会人のメンタルヘルス不調には、慣れない環境や職場の人間関係、仕事の責任感、学生時代とのギャップなどが挙げられます。

Q2. 企業が新卒社員のメンタルヘルスケアにどのような対策を講じるべきですか?

A2. 企業は新入社員のメンタルヘルスケアに取り組むため、新入社員のセルフケアを支援するだけでなく、職場環境やメンタルヘルスケア環境の整備も必要です。

💡

おすすめ関連記事

mental health
【無料で始める】Awarefy(アウェアファイ)でメンタルケアを手に入れよう!

Q3. 社会人に求められる適応能力は何ですか?

A3. 社会人に求められる適応能力には、コミュニケーション能力、柔軟性、自己管理能力、チームワーク、問題解決能力があります。

Q4. 企業がメンタルヘルスケアに取り組むことの重要性は何ですか?

A4. 企業がメンタルヘルスケアに取り組むことで、従業員の生産性向上と労災予防、エンゲージメント向上と業績向上、信頼と離職防止、法令遵守と社会的責任を果たすことができます。