›› スタディサプリで学び直した体験談をみる

主婦必見!お金になる資格は?!働きやすい環境でスキルを活かす方法も紹介

この記事は消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に作成しています。一部外部リンクにはPRが含まれる場合もあります。

はじめに

最近の働き方改革により、主婦の方々も働きやすい環境が整ってきました。在宅ワークなどの柔軟な働き方で、多くの主婦が資格を活かして働いています。この記事では、主婦におすすめのお金になる資格についてご紹介します。各資格の特徴やメリット、取得方法などを詳しく解説し、主婦の方々が働く上で参考になる情報を提供できればと思います。どの資格を取得すればいいのか迷っている方は、ぜひこの記事をお役立てください。

たった10分!月3万円稼ぐ勉強ブログの始め方【図解でわかりやすく解説】
💡

おすすめ関連記事

本と鉛筆
大人・社会人のための家庭教師の選び方とおすすめ7社

お金になる資格の種類

qualification

資格には大きく国家資格、公的資格、民間資格の3種類があります。それぞれの特徴を理解して、自分に合った資格を選ぶことが大切です。

【大人の勉強やり直し】おすすめ資格まとめ|合格体験談や口コミ評判を徹底解説

国家資格

国家資格は、国や国から依頼を受けた機関が行う試験に合格しなければ取得できない資格で、業務独占資格や名称独占資格があります。業務独占資格は特定の仕事を行うために必須の資格で、例えば、登録販売者や税理士などがあります。一方、名称独占資格は特定の肩書きを使うために必要な資格ですが、取得しなくても業務を行えます。国家資格は必ずしも容易に取得できるわけではありませんが、雇用機会が広がるメリットがあります。

主婦におすすめの国家資格には、社会保険労務士や管理栄養士などがあります。社会保険労務士は企業の労務管理をサポートする仕事で、独立開業も可能です。管理栄養士は、食事管理や栄養指導を行う仕事で、病院や保育園などで働くことができます。

公的資格

公的資格は、地方自治体や公益法人が実施する資格で、多くは業界内での評価が高く、就職や転職に有利です。日商簿記検定や日本語能力試験、TOEICなどが公的資格に分類されます。通信教育や独学で取得できるものも多く、主婦の方にも取得しやすい資格があります。

主婦におすすめの公的資格には、日商簿記検定や秘書技能検定があります。簿記検定は、企業会計の知識や技能を証明する資格で、企業での就職や転職に強みとなります。秘書技能検定は、秘書業務のスキルを証明する資格で、一般常識やビジネスマナーの知識も身につけることができます。

民間資格

民間資格は、個人や団体、企業などが独自の基準で設ける資格で、多くは職業能力の向上やスキルアップを目的としています。そのため、業務独占資格などの法的拘束力はないものの、取得していることで企業からの評価が上がることがあります。Webデザイナーや翻訳者など民間資格を活かす職種も多く存在します。

主婦におすすめの民間資格には、ファイナンシャルプランナーやインテリアコーディネーターがあります。ファイナンシャルプランナーは、家計や資産運用のアドバイスをする仕事で、独立やフリーランスで活躍することができます。インテリアコーディネーターは、空間デザインやインテリアの提案を行う仕事で、在宅ワークも可能です。

資格取得の方法

education

資格取得の方法には、通信教育や家庭学習、専門学校や短期集中講座などがあります。主婦の方には、自分のペースで学べる通信教育や家庭学習がおすすめです。また、資格取得のための費用や期間も考慮して、計画的に学ぶことが大切です。

💡

おすすめ関連記事

【大人の勉強】プログラミングを学ぶメリット3選+おすすめの学習方法3選

通信教育・家庭学習

通信教育や家庭学習は、自分のペースで学べるため主婦の方にも人気です。インターネットを利用して教材をダウンロードしたり、書籍やDVDを購入して学ぶ方法があります。また、スマートフォンやタブレットでアプリを利用して学習することも可能です。独学を行う場合、自分で勉強の進め方やスケジュールを立てることが重要です。

自分に合った教材選びや勉強法がポイントです。また、質問や相談ができる通信教育のサポート体制を確認しておくことも大切です。インターネットを活用した通信教育では、エリアに関係なくどこからでも学ぶことができるため、忙しい主婦にとっては非常に便利です。

専門学校・短期集中講座

専門学校や短期集中講座は、講師から直接指導を受けることができるため、疑問点や質問に対して即座に答えてもらえます。また、他の受講生と一緒に学ぶことで、刺激やモチベーションも高まります。専門学校や短期集中講座では、実際の職場に近い環境で実技も学べるため、資格試験に直結した学習ができる点が魅力です。

一方で、専門学校や短期集中講座の受講料は高額になることがあります。また、通学が必要な場合もあるため、主婦の方には負担がかかることがあります。そのため、通信教育と比較して、自分の状況や目的に合った方法を選ぶことが大切です。

💡

おすすめ関連記事

education
MARCH落ちから早慶進学が増加!? 大学選びの新時代へ

資格取得後の働き方

work

資格を取得した主婦の方が、どのように働くかにはさまざまな選択肢があります。正社員やパート・アルバイトはもちろん、在宅ワークやフリーランス、独立開業なども考えられます。資格取得後の働き方は、自分のライフスタイルや目標に合わせて選ぶことが大切です。

💡

おすすめ関連記事

大人の勉強やり直し学力テスト理科
大人の学力テスト:理科

正社員・パート・アルバイト

資格取得後、正社員やパート・アルバイトで働くことが一般的です。資格を持っていると、求人倍率が高くなることがあり、給与がアップすることもあります。また、働く時間帯や週の労働時間にも柔軟性があるため、主婦にも働きやすい環境です。主婦が働く場合、扶養内で働くことが多いですが、資格を持っていることで、もっと高収入を得ることも可能です。

ただし、正社員やパート・アルバイトで働く場合、勤務先に行く通勤が必要です。また、スケジュールが決まっているため、家庭の用事や子育てなどと両立しにくいこともあります。そのため、柔軟な働き方を求める主婦にとっては、在宅ワークやフリーランスがおすすめです。

在宅ワーク・フリーランス・独立開業

在宅ワークは、自宅で仕事をする働き方で、インターネットを利用して仕事を受注することができます。事務系の仕事やクリエイティブ系の仕事など、資格を活かした在宅ワークが沢山あります。フリーランスや独立開業も、資格を活かした働き方の選択肢です。ファイナンシャルプランナーや登録販売者など、独立開業ができる資格を持っている場合、自分でビジネスを開始することができます。

在宅ワークやフリーランス、独立開業の場合、働く時間や場所に制限がないため、家庭との両立がしやすいです。また、自分で収入や働く量をコントロールできるため、主婦にとっては理想的な働き方です。ただし、自己管理が求められるので、計画的に仕事を進めることが必要です。また、フリーランスや独立開業の場合、収入が安定しないこともありますので、リスクを考慮して取り組むことが重要です。

たった10分!月3万円稼ぐ勉強ブログの始め方【図解でわかりやすく解説】

資格取得にかかる費用・期間の考慮

study

資格取得には、教材や受験料、通信教育や専門学校の費用などが発生します。また、習得にかかる期間も様々です。実際に資格を取得しようと考えている方は、費用と期間についてしっかりと調べ、家計や生活スタイルに合っているかを検討して下さい。

💡

おすすめ関連記事

【大人の勉強やり直し】おすすめ無料学習サイト一覧!教科毎に紹介!
【大人の勉強やり直し】おすすめ無料学習サイト一覧!教科毎に紹介!

費用について

資格取得にかかる費用は、資格や取得方法によって大きく変わります。独学で資格を目指す場合は、教材や受験料が主な費用です。通信教育や専門学校を利用する場合、受講料や通学費なども考慮する必要があります。また、一部の資格では継続的に更新や維持費が発生することもありますので、確認しておきましょう。

資格取得にかかる費用は、家庭の予算や優先順位によって決めてください。無理に高額な資格取得を目指さず、自分の状況や目的に合った資格を選ぶことが大切です。

学習期間について

資格取得に要する期間も、資格や学習方法によって異なります。国家資格や難易度の高い資格は、通常、長期間の学習が必要となります。一方で、民間資格や難易度の低い資格は、短期間で取得が可能なこともあります。また、通信教育や独学の場合、自分のスケジュールに合わせて学習期間を調整することができます。

学習期間を考慮する際は、自分の目標や家庭の状況、仕事の状況をしっかり確認して、無理のないスケジュールを立てることが重要です。無理なスケジュールを立てると、中途半端な状態で学習が終わってしまい、資格取得が難しくなることがあります。

💡

おすすめ関連記事

転職
30代40代から始める学び直し!転職成功!これでいいの?!

まとめ

この記事では、主婦におすすめのお金になる資格や、資格取得の方法、働く上での選択肢についてご紹介しました。資格取得は、就職や転職を有利に進めるだけでなく、自己成長や知識の向上にも繋がります。まずは、自分の目的や状況に合った資格を選んで、自信を持ってチャレンジしてみましょう。資格取得後の働き方も、自分のライフスタイルに合わせた柔軟な働き方を選ぶことが大切です。

主婦の方々が資格を取得して働くことで、より豊かで充実した人生を築くことができるでしょう。ぜひ、この記事を参考にして、お金になる資格取得に向けて一歩を踏み出してください。


よくある質問

💡

おすすめ関連記事

【大人の勉強やり直し】美術のおすすめ学習方法3選+学び直すメリット4選

Q1: 在宅ワークやフリーランスで働くためにどの資格がおすすめですか?

A1: 在宅ワークやフリーランスで活躍するためには、Webデザイナーや翻訳者などの民間資格がおすすめです。これらの資格を持つことで、自宅で仕事をすることができます。

Q2: 資格取得にかかる費用はどのくらいですか?

A2: 資格取得にかかる費用は、資格や取得方法によって異なります。独学で資格を取得する場合は、教材や受験料が主な費用です。通信教育や専門学校を利用する場合は、受講料や通学費も考慮する必要があります。

💡

おすすめ関連記事

【大人が受講してみた!】進研ゼミで勉強をやり直した体験談と実感したメリット|役に立たない噂は本当?

Q3: 資格取得にはどのくらいの期間が必要ですか?

A3: 資格取得に必要な期間は、資格や学習方法によって異なります。国家資格や難易度の高い資格は、通常長期間の学習が必要です。一方で、民間資格や難易度の低い資格は、短期間で取得できることもあります。

Q4: 資格取得後の働き方について教えてください。

A4: 資格を取得した後の働き方にはさまざまな選択肢があります。正社員やパート・アルバイト、在宅ワーク、フリーランス、独立開業などが考えられます。自分のライフスタイルや目標に合わせて、柔軟な働き方を選ぶことが大切です。