›› スタディサプリで学び直した体験談をみる

エフラン大学徹底解説!メリット・デメリットから就職ポイントまで考察

この記事は消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に作成しています。一部外部リンクにはPRが含まれる場合もあります。

大学選びは人生を大きく左右する重要な選択です。今回は、珍しく知られている「エフラン大学」について詳しく解説します。この記事では、エフランの定義とその歴史、エフラン大学の特徴やメリットとデメリット、そしてエフラン大学から希望の企業への就職成功ポイントまで網羅しています。これを読めば、エフラン大学に対する理解が深まり、あなたの大学選びに役立つこと間違いありません。それでは、エフラン大学の世界に一緒に踏み込んでいきましょう。

1. エフランの定義とその歴史

university

エフランとは、大学のレベルや質が最も低いとされる大学のことを指します。この呼称は「F」が「Free(自由)」の頭文字に由来しており、Aから始まるアルファベットの順列とは無関係です。予備校の大手、河合塾が合否判定が困難な大学分類を「Border Free」と呼んだことに始まり、その後一般的に「Fランク大学」と呼ばれるようになりました。

エフラン大学には「Fラン」とされる大学のリストが存在しますが、それには全ての国公立大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、東京理科大学、国際基督教大学、学習院大学、関西学院大学、関西大学、同志社大学、立命館大学、立教大学、中央大学、明治大学、青山学院大学、法政大学などは含まれません。

エフラン大学の呼称は、予備校の大手、河合塾が合否判定が困難な大学分類を「Border Free」と呼んだことに始まり、その後一般的に「Fランク大学」と呼ばれるようになりました。現在は河合塾では「BF(ボーダー・フリー)」という呼び方を使用しています。

ただし、「Eラン」「Dラン」といった自称ランクは存在しません。このようなランク名を使用することは、自身の無知さや学歴のコンプレックスをアピールする結果になるため、控えるべきです。

エフランの定義や社会的な評価は様々ですが、それぞれの大学が持つ特徴や歴史を理解することで、より客観的な判断ができるでしょう。

💡

おすすめ関連記事

【徹底比較】スタディサプリとレアジョブの特徴5つの比較一覧!

2. エフラン大学の特徴

university

エフラン大学はいくつかの特徴を持っています。以下にその特徴をご紹介します。

一般試験での入学者が少ない

エフラン大学は他の大学と比べて一般試験での入学者が少ない傾向があります。一般試験では学歴や資格は評価されず、大学が作成した試験の点数によって合否が決まります。エフラン大学では、偏差値50未満の大学と比べると、一般試験での入学者は全体の約26%に過ぎません。一方、偏差値50以上の大学では一般試験での入学者が約58%となりますが、エフラン大学では一般試験での入学者は全体の約25%であり、その他の75%はスポーツ推薦や指定校推薦などで入学しています。

退学率が高い

エフラン大学は退学率が高い傾向があります。偏差値50未満の大学と比べると、退学率は約15%と言われています。一方、偏差値50以上の大学の退学率は約5%です。エフラン大学の退学率は偏差値50以上の大学の約1/3に相当します。ただし、退学率が高いことは望ましい状態ではありません。エフラン大学は入学者数が多い一方で、退学率が約15%というのは高い数字だとされています。

カタカナ語を多く使用した学部が存在する

エフラン大学では、カタカナ語を多く含んだ学部が多数存在しています。これにより、いくつかの学部の勉強内容が想像しにくいものもあります。この特徴は、エフラン大学には歴史のある学部が少ないため、従来の学部名では受験生を引き寄せることができないという問題に対応するためです。カタカナ語を使用した学部は通常の学部名よりも人気が高い傾向にありますが、一部の学部ではカタカナ語の多用がダサく感じられることもあります。

💡

おすすめ関連記事

e点ネット塾
【大人の勉強やり直し】e点ネット塾を徹底解説!口コミ評判や料金

中退率が高い

エフラン大学の中退率は、偏差値が低い大学ほど高い傾向があります。これは、軽い気持ちで大学に入学し、途中で諦めてしまうケースが多いためです。中退率が20%近い大学も存在し、入学した生徒のうち五人に一人が中退してしまうこともあります。エフラン大学に進学する場合でも、大学であることを忘れず、真剣に学ぶ姿勢が求められます。

以上がエフラン大学の特徴の一部です。エフラン大学には他にも様々な特徴がありますが、各大学ごとに異なることもあります。どの大学でも将来に繋がる学びを見つけることが大切です。

3. エフラン大学のメリットとデメリット

university

エフラン大学の選択にはメリットとデメリットが存在します。以下ではそれぞれ詳しく説明します。

メリット

  • 学費が安い: エフラン大学の学費は他の大学に比べて安く設定されています。これは学生を魅了するために意図的に低く設定されているため、経済的な負担が軽減されます。経済的に厳しい状況の家庭や奨学金を借りたくない人にとって有利な条件です。

  • 入試が簡単で合格しやすい: エフラン大学の入試は一般に簡単であり、多くの志願者が合格することがあります。特に定員割れの場合は入学が容易です。受験勉強に苦手意識を持っていたり自信がない人にとっては、進路を決める上で安心感を与えるでしょう。

  • 就職活動では高卒より有利: エフラン大学は大卒資格を持つため、就職活動では高卒者よりも有利な立場となります。社会ではまだまだ「大卒」の肩書きが重要視されるため、エフラン大学卒業生にとって選択肢が広がります。また、給与水準も高くなる可能性もあります。

💡

おすすめ関連記事

【大人の勉強やり直し】倫理のオススメ学習方法4選+学び直すメリット4選
【大人の勉強やり直し】倫理のおすすめ学び直し方法4選+学び直すメリット4選

デメリット

  • 学力や資格取得率が低い: エフラン大学では簡単な入試問題となるため、本格的な教育を受けることが難しくなる場合があります。卒業後も基礎的な知識や技能の不足が生じる可能性が高く、専門性や競争力を身につけることが困難です。勉強好きや専門的な学びを求める人には不満足かもしれません。

  • 就職先や給与水準が限られる: エフラン大学は一般的に名門校とは言えないため、就職先や給与水準が制限される場合があります。一部の業界や企業では学歴主義が依然として残っており、エフラン大学出身者は軽視されたり見下される可能性があります。キャリアアップや収入アップを目指す人にとってはマイナスの要素となるでしょう。

  • 大卒者間で差別される可能性がある: エフラン大学出身者は一部の業界や企業において差別される可能性があります。古い学歴主義が残る職場環境では、名門大学出身者と比較して馬鹿にされたり軽視されることがあるかもしれません。出身大学一つでも将来の人間関係や精神面に影響を与えることもあります。

エフラン大学への入学には個々人の希望や状況に合わせてバランスを考慮し、選択をすることが重要です。

💡

おすすめ関連記事

本と鉛筆
大人・社会人のための家庭教師の選び方とおすすめ7社

4. エフラン大学と就職の関係

university

エフラン大学と就職の関係は非常に独特なものです。以下に、エフラン大学と就職の関係について詳しく説明します。

学歴フィルターの存在

エフラン大学は一般的に学歴的には低い評価を受けています。そのため、多くの企業はエフラン大学出身の学生を採用する際には、学歴フィルターをかける傾向があります。学歴フィルターとは、採用時に特定の学校の学生のみを対象とする条件を設けることを指します。

💡

おすすめ関連記事

大人の学力テスト:心理学

高卒よりは就職しやすいが、大卒よりは就職が難しい

エフラン大学は大卒としての資格を持つため、高卒よりも就職のチャンスは広がります。しかし、他の大学と比較すると大卒の学生と比べて就職が難しい場合もあります。特に大手企業では学歴フィルターが厳しくなるため、エフラン大学出身の学生は選考で競争力を持っている必要があります。

専門分野に特化した就職先が多い

一方で、エフラン大学からは専門的な分野に特化した就職先が多くあります。例えば、介護や福祉、小売業などがその一部です。これらの分野では、学歴よりも実務経験や専門知識が重視されるため、エフラン大学出身の学生にも就職のチャンスが広がります。

💡

おすすめ関連記事

【大人の勉強やり直し】小学校〜高校のおすすめ5教科18科目(完全マニュアル)

スキルや経験のアピールが重要

エフラン大学出身の学生が就職で差をつけるためには、学歴以外の要素をアピールする必要があります。例えば、アルバイトやボランティア経験、部活動やサークル活動でのリーダーシップ経験などが挙げられます。また、需要の高い資格の取得も就職の成功につながるでしょう。

自己アピール力の重要性

エフラン大学出身の学生は、自己アピール力の向上も重要です。学歴が他の大学と比較して低いため、業績面や実績面でのアピールが求められます。自己PRや面接でのアピールポイントをしっかりと考え、自分の強みをアピールすることが求められます。

エフラン大学出身の学生は就職活動において苦労することが多いかもしれませんが、上記のポイントを押さえてチャンスを広げることは十分に可能です。自己アピール力を高めるためには、自己学習やスキルの磨きなどに取り組み、自信を持って就職活動を進めましょう。

5. エフラン大学から希望の企業への就職成功ポイント

university

エフラン大学から希望の企業への就職を成功させるためには、以下のポイントを抑えておくことが重要です。

💡

おすすめ関連記事

【大人の勉強やり直し】無料のおすすめ学習アプリを教科毎に紹介!
【大人の勉強やり直し】無料のおすすめ学習アプリを教科毎に紹介!

部活動やサークルに積極的に参加する

エフラン大学では、学歴の差を埋めるために部活動やサークルへの参加が重要です。部活動やサークルでの経験は高く評価されます。全国大会での出場経験やサークルの代表経験などがあれば、他の学生よりも就職が有利になります。部活動やサークルに参加できない場合は、アルバイト経験を積むこともおすすめです。学歴以外でアピールできる経験を積むことで、就職成功率が高まります。

需要の高い資格を取得する

エフラン大学では学歴が重視されるため、需要の高い資格を取得することで就職の成功率を高めることができます。ただし、取得する資格は需要があるものを選ぶ必要があります。例えば、ITパスポート、ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士、宅地建物取引士、日商簿記検定、TOEIC(600点以上)などが需要の高い資格です。大学生活は4年間ありますので、時間をかけて取得できるチャンスがあります。

💡

おすすめ関連記事

【無料】100問計算問題アプリ(ドラゴン桜が推奨)

就活の準備を早めに始める

エフラン大学からの就職成功率を高めるためには、早めに就活の準備を始めることが大切です。偏差値の高い大学ほど就活意識が高く、大学2年生の時点から準備を始めることが一般的です。エフラン大学の学生は大学3年生の夏頃から就活を本格的に始めることが多いため、早めの準備が必要です。他の大学生に差をつけるためにも、なるべく早く就活の準備を始めることが重要です。特にSPI(一般教養試験)の勉強は、大学1年生のうちから始めることをおすすめします。

エフラン大学出身者でも十分に就職を成功させることは可能です。就職活動では学歴だけにこだわらず、自身のアピールポイントを大切にすることが重要です。企業は実績やスキルを重視して採用を行っていますので、自身の能力をアピールし、努力を続けることが就職成功のカギです。エフラン大学での学生生活を活かし、自身の可能性を最大限に引き出してください。

💡

おすすめ関連記事

奈良大学通信は口コミ評判がやばい?社会人の学び直しはやめとくべき?

まとめ

エフラン大学という大学のレベルや評価は様々ですが、その特徴や課題を理解することで、エフラン大学出身の学生でも将来に繋がる学びを見つけることができるでしょう。エフラン大学の選択にはメリットとデメリットがありますが、学費の安さや就職活動での有利さなどのメリットも存在します。ただし、学力や資格取得率が低いことや学歴主義の厳しさなどのデメリットも忘れてはいけません。エフラン大学出身の学生が希望の企業への就職を成功させるためには、部活動やサークルへの積極的な参加や需要の高い資格の取得、早めの就活の準備などが求められます。エフラン大学出身でも自己アピール力や努力を重ねることで、就職活動を成功させることは十分に可能です。エフラン大学での学生生活を充実させ、自身の可能性を信じて前進しましょう。

よくある質問

Q1. エフラン大学とは具体的にどのような大学を指すのですか?

A1. エフラン大学は、大学のレベルや質が最も低いとされる大学のことを指します。ただし、特定の大学名を挙げることは避けています。

💡

おすすめ関連記事

大人の学力テスト:古典・古文

Q2. エフラン大学に進学することのメリットは何ですか?

A2. エフラン大学のメリットとして、学費が安い、入試が簡単で合格しやすい、就職活動では高卒より有利になるなどがあります。

Q3. エフラン大学を卒業した後、就職はどのような状況が待っているのでしょうか?

A3. エフラン大学卒業生は、就職先や給与水準が制限される可能性があります。学歴フィルターや独自の評価が存在し、一部の業界や企業において差別される可能性もあります。

💡

おすすめ関連記事

大人の学力テスト:ワイン

Q4. エフラン大学出身者が就職成功するためのポイントはありますか?

A4. エフラン大学出身者が就職で成功するためには、部活動やサークルへの積極的な参加、需要の高い資格の取得、早めの就活の準備が重要です。自己アピール力を高めることや自身の能力をアピールすることも重要なポイントです。