›› スタディサプリで学び直した体験談をみる

大学受験全落ち女子必見!立ち直りと新たな進路選択のコツ

この記事は消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に作成しています。一部外部リンクにはPRが含まれる場合もあります。

大学受験は人生の大きな節目の一つであり、その結果は将来に大きな影響を与えます。しかし、残念ながら全落ちという現実に直面する人も少なくありません。今回のブログでは、私自身の娘が大学受験で全落ちした経験をもとに、どのように立ち直り、新たな進路を見つけていくべきかを紹介します。女子受験生向けの心構えや進路選択のポイントもあわせてお伝えしますので、受験生や保護者の方々にとって参考になれば幸いです。

1. 大学に全落ちした娘の経験

disappointment

1.1 大学受験の期待と失望

娘は、大学受験の準備を1年間しっかりと行い、偏差値A判定を継続的に取り続けていました。担任の先生からも「ここなら合格できるよ」と言われていた大学に合格することが期待されていました。しかし、志望していた大学には残念ながら落ちてしまいました。

1.2 ショックと悲しみの連続

落ちた日からずっと娘は泣いており、2~3日間は完全に落ち込んでしまいました。普段はメンタルの強い娘でも、大学に落ちるとショックでふさぎ込んだり体調を崩したりすることもあるのです。

1.3 娘の感情を尊重し支える

受験には絶対というものはないことを理解し、娘の感情を尊重し支えることが大切です。親としては子どもの泣く姿を見るのは辛いですが、時間は待ってくれません。娘の前では頑張って作り笑いをして、後期試験のことを徹夜で調べながら過ごしました。

💡

おすすめ関連記事

【エンジニア厳選】社会人におすすめプログラミングスクール比較(大人の学び直し!)
【エンジニア厳選】社会人におすすめプログラミングスクール比較(大人の学び直し!)

1.4 新たな進路に向けて行動を起こす

この経験から、私たち親は大学受験で全落ちすることもあるという現実を痛感しました。受験生や保護者の方々も心配していると思います。大学に全落ちしてしまった場合、どうするべきか、次に進むためにはどのような対策を取るべきかを考える必要があります。

娘の落ちた後も進路を追求するために、専門学校や浪人の選択肢を調べるなど、可能性を広げるための行動を起こしました。結果的に、娘は第二志望の大学に合格することができましたが、不安と心配で押し潰されそうになった気持ちは今でも鮮明に覚えています。

1.5 まとめ

大学受験で全落ちした場合、ショックや悲しみに絶えることは難しいかもしれませんが、受験の結果は必ずしも人生の終わりではありません。娘の経験から、新たな進路を模索し、次のステップに向かうために行動することが重要だとわかりました。次のセクションでは、大学受験で全落ちした場合にすぐに行うべきことについてまとめます。受験生の方々にとって参考になれば幸いです。

💡

おすすめ関連記事

【大人の勉強】プログラミングを学ぶメリット3選+おすすめの学習方法3選

2. 大学受験で全落ちするとは?

青空

大学受験で全落ちとは、受験生が志望校の入試すべてに不合格となり、合格の可能性が高かった大学にも受け入れられなかった状況を指します。この状況になると、受験生たちはもちろん落ち込んでしまうでしょう。

大学受験では、さまざまな要素が評価されるため、志望校全てに合格することは簡単ではありません。勉強や努力した成果を考えると、全落ちした場合に落胆するのは自然な感情です。

しかし、受験生たちは周囲のサポートを受けながら、少しずつ気持ちを立て直していく必要があります。例えば、先生や保護者に相談し、前向きな気持ちを持つことが大切です。

大学受験は難しい試練であり、全落ちすることもあるのは現実です。しかし、再出発し、新たな目標に向かって努力することで、合格を手にした先輩たちもいます。受験生たちは決して諦めず、前に進むことが重要です。

3. 全落ちした人の割合と選択肢

青空

大学受験で全落ちする人の割合は10%程度であることがわかっています。一方で、大学合格者のうち浪人生の割合は22%です。

💡

おすすめ関連記事

【徹底比較】トーキングマラソンとスピークバディは大人の勉強でおすすめはどっち?!

3.1 浪人生が多い理由

浪人生が22%に対して全落ちする人が10%しかいない理由は、滑り止め大学へ入学せずに、志望校へ通うために浪人している人がいるためです。全落ちするとは、志望校の入試すべてに落ち、合格可能性が高いと踏んでいた大学も不合格という結果になってしまった状態を指します。

3.2 全落ちした人の選択肢

全落ちした人がどのような選択肢を選んでいるのでしょうか。先輩たちに実際に選んだ進路を聞いてみると、以下の結果が得られました:

  • 浪人を選んだ人: 61%
  • 専門学校進学を選んだ人: 20%
  • 大学や短大進学を選んだ人: 9%
  • 就職した人: 6%
💡

おすすめ関連記事

【大人の勉強】スタディサプリの国語の講師や口コミ評判を徹底レビュー

3.3 浪人が最も選ばれる理由

全落ちした人の選択肢としては、浪人が最も多く選ばれています。浪人をしてまで合格をつかみ取ることで、達成感や自信を得ることができるでしょう。ただし、浪人期間に自分に合った勉強法を見つけることが重要です。

3.4 専門学校進学のメリット

専門学校進学を選ぶことも一つの選択肢です。専門学校では、就職に役立つ専門的なスキルを身につけることができます。また、専門学校から4年制大学への編入学も可能です。

💡

おすすめ関連記事

history
大人のための日本史学び直し – 魅力的な書籍と方法で楽しく学ぼう!

3.5 就職やアルバイトを選ぶ理由

就職やアルバイトを選ぶ人もいます。就職先やその後のキャリアは限定される可能性がありますが、給与が安定して入ってくるというメリットもあります。

3.6 全落ちした人の割合の推測

具体的な全落ちした人の割合はわかりませんが、浪人する人が多いことから一定数いると考えられます。

💡

おすすめ関連記事

【口コミ】トーキングマラソンで勉強した大人が実感した3つの効果とは?
【口コミ】トーキングマラソンで勉強した大人が実感した3つの効果とは?

3.7 失敗しても進路を見つける重要性

大学受験に失敗したとしても、全落ちした人が一定数いることを知ることで少しは安心できるかもしれません。また、失敗した場合の選択肢を知っておくことは重要です。適切な進路を見つけるためには自分自身と向き合い、浪人や専門学校進学、就職などの選択肢を検討する必要があります。

💡

おすすめ関連記事

online tutoring
高い指導力と信頼性!オンライン家庭教師マナリンクの魅力と評判

4. 全落ちした先輩たちが選んだ進路

career

全落ちを経験した先輩たちの中には様々な進路を選択した人がいました。以下は実際に選んだ進路の一部です。

4.1 浪人

浪人は、先輩たちの中で最も多くの人が選んだ進路でした。約61%の先輩が浪人を選び、繰り上げ合格や再挑戦を目指しました。

💡

おすすめ関連記事

【大人向け】audibleとaudiobookで勉強はどっちがおすすめ?【徹底比較】

4.2 専門学校進学

約20%の先輩が専門学校進学を選びました。専門学校に進学することで、特定の資格を取得することを目指しました。

4.3 大学・短大進学

約9%の先輩が大学・短大進学を選びました。彼らは現役進学の道を模索し、達成しました。

💡

おすすめ関連記事

大人はボールペンで勉強するべし!おすすめのボールペン3選

4.4 就職

先輩の中で就職を選んだ人は6%でした。ただし、大学受験で全落ちした場合、正社員としての就職は非常に難しいことが多いです。そのため、派遣社員やアルバイトなどの非正規雇用の求人を探すことも検討されました。

これらの選択肢は、全落ちした先輩たちが実際に取った進路の一部です。各選択肢にはそれぞれ注意点がありますが、どの選択肢を選ぶにせよ、自分に合った進路を選択し、納得のいく結果を目指すことが大切です。先輩たちの経験を参考にしながら、自分自身の進路を考えてみましょう。

5. 各進路選択肢の注意点

university

大学受験で全落ちした場合、選択肢を考える必要があります。以下では、各進路選択肢ごとに注意点を紹介します。

1. 「後期日程」「3月入試」で現役合格を目指す

  • 時間が非常に限られているため、すぐに行動を起こす必要があります。
  • 大学や学部の選択肢は限定されるため、受けられるところを受験する意識が必要です。
  • 通信制の大学も3月まで募集している場合があるため、調査してみる価値があります。
💡

おすすめ関連記事

【よみかきそろばんくらぶ】大人は通えません!(しかも社会人に不向きだった)

2. 専門学校進学を目指す(3月受験で現役合格を目指す)

  • 専門学校でも、大学と同様に3月まで出願可能な学校があります。
  • 専門学校で目指す資格が取得できる場合や、大学進学にこだわらずに進学先を探す場合に選択肢として考えられます。
  • 出願可能な学校は限られているため、選択の余地はないかもしれません。教育内容や就職実績を確認することも重要です。

3. 浪人する

  • 目指していた大学に再挑戦するために浪人することができます。
  • 目指す大学をあきらめられない場合や、受験校との実力差が大きい場合、学部・学科にこだわりがある場合に選択されることが多いです。
  • 浪人のためには、1年間の受験勉強の準備が必要です。予備校が始まる前に、高校の学習範囲の基礎的な事項を終わらせることが重要です。
💡

おすすめ関連記事

【大人の勉強やり直し】おすすめ無料学習サイト一覧!教科毎に紹介!
【大人の勉強やり直し】おすすめ無料学習サイト一覧!教科毎に紹介!

4. 就職先を探す

  • 就職も一つの選択肢ですが、高3生を対象とした正社員採用はほとんど終了しています。
  • 非正規雇用や派遣社員、アルバイトなど、正社員以外の雇用形態にも視野を広げて検討する必要があります。
  • 就職先として選ぶ場合、将来の展望や非正規雇用の問題にも注意が必要です。

以上は、大学受験で全落ちした場合の進路選択肢ごとの注意点です。どの進路を選ぶにしても、自分自身が納得し、前向きに取り組むことが重要です。また、相談できる人がいる場合は、意見を聞きながら納得のいく答えを出してください。

💡

おすすめ関連記事

university
偏差値37の大学に進むか一浪するか?勉強不足と向き合う選択の話

まとめ

大学受験で全落ちしてしまった場合でも、受験の結果が人生の終わりではありません。落ち込んだり悲しんだりすることは自然な感情ですが、逆に新たな進路を模索し、前向きに行動することが大切です。浪人や専門学校進学、就職など、選択肢はたくさんあります。先輩たちの経験や注意点を参考にしながら、自分自身に合った進路を選び、頑張って次のステップに向かってください。受験の失敗は経験の一つとして受け入れ、自分自身と向き合いながら進路を見つけていくことが、人生においても意義深いものとなるでしょう。未来への可能性を信じて前進しましょう。

よくある質問

Q1. 大学受験で全落ちした場合、どのような進路選択肢がありますか?

A1. 全落ちした場合、浪人する、専門学校進学をする、就職をするなどが一般的な選択肢です。

💡

おすすめ関連記事

【評判】ビズコンフォートを大人が勉強で使ってみた!料金や入会・解約を解説!
【評判】ビズコンフォートを社会人が使ってみた!料金や入会・解約を解説!

Q2. 全落ちした場合、浪人するメリットは何ですか?

A2. 浪人をすることで再度受験し、目指していた大学に合格する可能性があります。

Q3. 全落ちした場合、専門学校進学のメリットは何ですか?

A3. 専門学校では就職に役立つ専門的なスキルを身につけることができ、将来のキャリアにつながる可能性があります。

💡

おすすめ関連記事

university
大学全落ちの生き残り戦略! 落ちたからって人生終わらせない!

Q4. 全落ちした場合、就職を選ぶメリットは何ですか?

A4. 就職をすることで安定した収入を得ることができますが、一部の正社員採用は難しい場合もあります。非正規雇用や派遣社員、アルバイトなどの選択肢も考慮する必要があります。