›› スタディサプリで学び直した体験談をみる

話題のChatGPT活用方法を徹底解説!日常業務が劇的に変わる魅力的な機能とは?

この記事は消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に作成しています。一部外部リンクにはPRが含まれる場合もあります。

AI技術が急速に発展し、私たちの日常生活やビジネスに大きな変化をもたらしています。中でも、OpenAIの開発したChatGPTは、多様な活用方法で使命感様々な分野をサポートし、話題を集めています。このブログでは、「ChatGPT活用方法」に焦点を当て、その機能と素晴らしい利用法をどのように日常業務に役立てることができるのか、詳しく解説していきます。今回のブログで、あなたもChatGPTの魅力に引き込まれること間違いなしです!

1. ChatGPTとは?

AI technology

ChatGPT(チャットGPT)は、OpenAIが開発したAIチャットサービスです。ユーザーが質問や文章を入力すると、自然な対話形式でAIが応答します。ChatGPTは2022年11月にリリースされ、その高い精度と人気からユーザー数が急速に増加しています。

1.1 ChatGPTの特徴

ChatGPTは、以下の特徴を持っています。

  1. 自然な対話形式: ChatGPTは、人間のような自然な会話ができる能力を持っています。ユーザーが入力した文章や質問に対して、適切な回答や会話を生成します。

  2. 高い回答精度: ChatGPTは、1.1億パラメータを利用しています。この大規模な言語モデルにより、高い回答精度を実現しています。

  3. 広範な活用範囲: ChatGPTは、さまざまな用途に利用できます。要約や翻訳、小説や詩の作成、ビジネス文書の作成など、様々な場面で活用することができます。

  4. 無料プランの提供: ChatGPTの基本機能は無料で利用できます。また、有料プラン(ChatGPT Plus)も提供されており、一部の機能が追加されています。

1.2 ChatGPTの開発者

ChatGPTはOpenAIによって開発されました。OpenAIは、実業家や投資家たちの支援を受けながら、AIの研究・開発に取り組んでいます。

1.3 ChatGPTの利用料金

ChatGPTの基本機能は無料で利用できますが、一部の機能や追加サービスは有料です。2023年3月には、より高性能なモデルである「GPT-4」がリリースされ、有料プランのChatGPT Plusが提供される予定です。

1.4 ChatGPTの使い方

ChatGPTの使い方は非常に簡単です。公式サイトにアクセスし、ログインした後、テキストを入力して送信します。ChatGPTは入力された文章に応じた回答を自動生成し、返信してくれます。

以上がChatGPTの概要です。次のセクションでは、ChatGPTの利点や使用例について詳しく紹介します。

2. ChatGPTの利点と使用例

assistant

ChatGPTの利点や使用例をご紹介します。ChatGPTは高速なテキスト生成能力と多様な応用性により、さまざまな場面で有用な助手として活躍しています。

2.1 テキスト生成のスピードと手間の削減

ChatGPTは高速かつ迅速なテキスト生成が可能です。そのため、マーケティングキャンペーンやWebサイトの製作など、テキスト作成に関わる活動を効率化することができます。また、ライターの手間を軽減するため、時間とコストを削減できます。ただし、生成された文章の正確性には注意が必要であり、確認作業が重要です。

2.2 質問応答のサポート

ChatGPTは、質疑応答にも優れた性能を発揮します。FAQの代替としてだけでなく、顧客対応の支援としても活用されています。24時間365日、質問に対応できるため、店舗などでの利用も考えられます。ただし、情報の正確性には細心の注意が必要であり、特に重要な情報については確認作業が欠かせません。

2.3 テキストの要約と翻訳の効率化

ChatGPTは、テキストの要約や翻訳にも効果的に活用されています。大量のデータから重要なポイントを抽出できるため、情報の伝達をスピーディーに行うことが可能です。しかし、要約や翻訳結果の正確性は常に注意が必要であり、人間の確認が欠かせません。それにもかかわらず、翻訳の品質の向上は業務効率化やコスト削減につながります。

2.4 AIによる対話生成の多様性

ChatGPTは、人間同士の会話を模倣した対話生成にも対応しています。日常会話から哲学的な討論まで柔軟に対応することができますので、コミュニケーションツールとしても効果を発揮します。さらに、クリエイティブな作業や意思決定のサポートなど、多岐にわたる業務に応用することが可能です。

ChatGPTの利点や使用例を紹介しました。次のセクションでは、ChatGPTを日常業務でどのように活用できるかについてご紹介します。

3. 日常業務での活用方法

office

ChatGPTは様々な業務で役立つ活用方法があります。以下では、具体的な活用方法をご紹介します。

情報収集の効率化

ChatGPTを活用する最も一般的な方法は、情報収集の効率化です。業務中に疑問やわからないことが生じた場合、ChatGPTに質問を投げることで適切な回答を得ることができます。検索作業の手間を省き、迅速に必要な情報を入手できるため、業務効率を向上させることができます。

問題解決のサポート

ChatGPTに悩みや問題を相談することもできます。日常業務において発生するトラブルや難題に対して、ChatGPTに意見や解決策を求めることで、新たな視点を取り入れることができます。このサポートは、意思決定やアイデアの提案に役立ちます。

外国語の翻訳支援

ChatGPTは多言語に対応しているため、外国語の翻訳支援にも活用できます。例えば、メールや文書の翻訳を依頼する際にChatGPTを利用することで、円滑なコミュニケーションが可能になります。外国語に自信がない場合でも、ChatGPTの助けを借りることで、ビジネスコミュニケーションをスムーズに行うことができます。

文章の要約・整理

ChatGPTは長文の要約にも役立ちます。ChatGPTに要約を依頼することで、長い文書の要点を短時間で把握することができます。また、文章の整理や構成の改善にもChatGPTを活用することが可能です。複雑な文章や長文の解析をサポートし、効果的なコミュニケーションや資料作成に役立ちます。

その他の活用方法

ChatGPTは幅広い業務に対応しています。例えば、Excel関数の作成やプログラミングの代行、面接のシミュレーションや職務経歴書の作成など、さまざまな日常業務の効率化やサポートに活用することができます。自身の業務プロセスやニーズに合わせて、柔軟にChatGPTを活用しましょう。

これらの活用方法を通じて、ChatGPTを上手に使いこなし、日常業務の効率化や業務品質の向上に貢献しましょう。ただし、ChatGPTの回答は必ずしも正確であるとは限らないため、注意が必要です。自己判断や他の情報源との比較も重要です。

4. ChatGPTの使い方と注意点

technology

ChatGPTの使い方と注意点について詳しく説明します。

ChatGPTの始め方

まずは、ChatGPTを始める手順を説明します。

  1. ChatGPT公式サイトにアクセスし、サインアップします。公式サイトにアクセスして右上の「Sign up」ボタンをクリックします。
  2. メールアドレスを登録します。メールアドレスを入力し、もしくは「Continue with Google」ボタンをクリックします。
  3. パスワードを設定します。自分のパスワードを設定します。
  4. メールアドレスの認証を完了させます。認証確認メールが届くので、リンクをクリックして認証を完了させます。
  5. 個人情報を入力します。名前と生年月日を入力しましょう。
  6. 電話番号の認証を行います。電話番号を入力し、送られてくるSMSコードを入力して認証を完了させます。

これでChatGPTの利用準備が完了し、ホーム画面にアクセスできるようになります。

ChatGPTの使い方

次に、ChatGPTの使い方について説明します。

  1. ChatGPTの使い方は非常に簡単です。ホーム画面の下部にある入力欄に、質問やメッセージを入力します。
  2. ChatGPTは入力内容に基づいて返答を生成します。ユーザーの入力に応じて返ってくるメッセージを生成するため、会話の流れに合わせて自然な応答ができます。
  3. ChatGPTは自然言語処理の技術を使用しており、使い手にとって自然な会話体験を提供します。

以下はChatGPTの例です。

  • ユーザー:「こんにちは」
  • ChatGPT:「こんにちは!何かお助けできますか?」

  • ユーザー:「Excelの関数について教えてください」

  • ChatGPT:「Excelの関数にはさまざまな種類があります。どの関数について知りたいですか?」

  • ユーザー:「SUM関数について教えてください」

  • ChatGPT:「SUM関数は、指定したセル範囲の合計を計算するための関数です。具体的な使い方を教えてほしいですか?」

このように、ChatGPTを使って簡単に質問やメッセージを送ることができます。

ChatGPTの注意点

ChatGPTを利用する際には、以下の注意点に留意する必要があります。

  1. 最新の情報には対応していないことがあります。ChatGPTは学習データに基づいて返答を生成するため、最新の情報に対応していない場合もあります。特に更新が頻繁なテーマについて質問する際には注意が必要です。
  2. ハルシネーションに気を付けてください。ChatGPTは非常に流暢な文章を生成するため、AIが事実でない情報を本当のように伝えることがあります。情報の正確性が求められる場合は、ファクトチェックを行う必要があります。
  3. 情報漏洩のリスクがあります。ChatGPTはユーザーの入力内容を学習し、モデルの改善に活用します。情報の漏洩を避けたい場合は、オプトアウトを選択することをおすすめします。

これらの注意点に留意しながら、ChatGPTを利用することが大切です。

5. ChatGPT活用事例紹介

technology

ChatGPTは、幅広い分野で様々な活用方法が存在します。以下に、ChatGPTの活用事例をいくつか紹介します。

5.1 チャットボット

ChatGPTは、自動的にオンライン上の問い合わせに対応するツールとして利用されます。一般的なチャットボットが扱いきれないような複雑な内容にも、ChatGPTは回答することができます。例えば、私たちが提供するAIチャットボット「FirstContact」は、ChatGPTを活用することで高度な対応が可能となっています。

5.2 LINE公式アカウント

ChatGPTとLINE公式アカウントの連携により、LINE上でChatGPTの機能を利用することができます。株式会社piconが提供する「AIチャットくん」などがその一例です。

5.3 自動応答サービス

電話での問い合わせや対応を自動化する自動応答サービスとChatGPTを連携させることで、電話上でもChatGPTの機能を活用できます。例えば、株式会社IVRyが提供する「IvRy(アイブリー)」などがあります。

5.4 オンライン学習サービス

ChatGPTを活用することで、オンライン学習サービス内で生徒の利便性を向上させることができます。株式会社みんがくの提供する「みんがく」では、ChatGPTコミュニケーションツールが学習を支援しています。

5.5 会社内での利用

ChatGPTは、会社内での業務遂行やアイデア出しなどに活用されています。GMOインターネットグループでは、ChatGPTの活用が推奨されています。

以上が、ChatGPTの活用事例の一部です。ChatGPTは多様な用途で活用され、さまざまな場面で役立っています。今後も新たな活用方法が生まれることが期待されます。

まとめ

ChatGPTは、その高速なテキスト生成能力と多様な応用性により、様々な場面で有用な助手として活躍しています。情報収集の効率化や問題解決のサポート、外国語の翻訳支援、文章の要約や整理、さらにはExcel関数の作成やプログラミングの代行など、幅広い日常業務での活用が可能です。ただし、最新の情報への対応や情報漏洩のリスクに留意し、自己判断や他の情報源との比較を行うことが重要です。ChatGPTは未来のコミュニケーションツールとして、ますますの発展が期待される技術です。是非ともその活用方法を探求し、業務効率化や品質向上に貢献してみてください。

よくある質問

Q1. ChatGPTを利用するための費用はかかりますか?

A1. ChatGPTの基本機能は無料で利用できます。ただし、一部の機能や追加サービスは有料です。有料プラン(ChatGPT Plus)も提供されており、追加の機能が利用できます。

Q2. ChatGPTは他言語にも対応していますか?

A2. はい、ChatGPTは多言語に対応しています。外国語の翻訳支援などにも活用することができます。

Q3. ChatGPTの使い方は簡単ですか?

A3. はい、ChatGPTの使い方は非常に簡単です。公式サイトにアクセスし、ログインした後、テキストを入力して送信するだけで自動的に回答が生成されます。

Q4. ChatGPTの回答は正確ですか?

A4. ChatGPTは高い精度を持っていますが、必ずしも正確な回答が生成されるわけではありません。特に最新の情報に関しては注意が必要です。正確性を確認するためには、自己判断や他の情報源との比較が重要です。