›› スタディサプリで学び直した体験談をみる

神戸学院大学の「やばさ」徹底解剖!学生が楽しむ秘訣と魅力満載!

この記事は消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に作成しています。一部外部リンクにはPRが含まれる場合もあります。

いつも話題の“やばい”とされる神戸学院大学について、今回は深堀りしてみたいと思います。そもそも神戸学院大学がなぜやばいとされているのか、実際のところどのような理由があるのか徹底調査していきましょう。さらに、学生たちの目線から学校生活を楽しむ秘訣やおすすめポイントも紹介します。最後には、神戸学院大学をもっと知りたくなる情報が盛りだくさんのブログですので、お楽しみに!

1.神戸学院大学とは

university

神戸学院大学は、神戸市にある私立の総合大学です。学生数は1万1千人を超え、神戸市の私立大学の中でも最も大きな規模です。充実した大学生活を送ることができる学生たちで活気に満ち溢れています。

💡

おすすめ関連記事

【大人の勉強】Evandプログラミングスクールの口コミ評判!メリデメも解説!
【大人の勉強】Evandプログラミングスクールの口コミ評判!(現役エンジニアが解説)

1.1 特徴と強み

university

神戸学院大学の特徴と強みは以下の通りです:

  • 学部を超えた学び(IPE):保健医療福祉の専門職が学び合いながら連携し、相互理解を深める学習法を実施しています。
  • 独自の取り組み:ANAビジネスソリューションと提携し、「ANAエアラインスクール」を開講しており、航空業界に関するプログラムを提供しています。
  • ボランティア・防災:女子学生グループ「防災女子」が活躍し、女性視点の啓発活動を行っています。
  • 地域交流:神戸市の子育て支援拠点「子育てサロン まなびー」と連携し、実践的な心理学の学びの場を提供しています。
  • 企業との取り組み:栄養学部の学生と阪神百貨店・まねき食品が協力し、オリジナルの「おせち」を開発するプロジェクトがあります。

1.2 学部と学科

university

神戸学院大学には以下の学部と学科があります:

  • 法学部
  • 経済学部
  • 人文学部
  • 栄養学部
  • 薬学部
  • 総合リハビリテーション学部
  • 経営学部
  • 現代社会学部
  • グローバル・コミュニケーション学部
  • 心理学部

各学部は独自の特色やカリキュラムを持ち、学生は自分の興味や将来の目標に合わせて学部を選択することができます。

💡

おすすめ関連記事

education
ストアカで最適な家庭教師を見つける! 学習サポートに欠かせない魅力をチェック

1.3 施設と環境

campus

神戸学院大学では、学生が快適に学ぶための施設が完備されています。図書館や自習室などの学習施設は無料で利用することができます。さらに、多くのサークル活動や部活動が存在し、学生同士の交流や活動をサポートしています。キャンパス周辺には便利な施設も多くあり、充実した学生生活を送ることができます。

神戸学院大学は、学生数や施設の充実度、各学部の特色などを総合的に考慮すれば、魅力的な大学と言えます。次の項目では、神戸学院大学の偏差値や受験レベルに詳しく触れていきます。

2.神戸学院大学の偏差値・難易度について

university

神戸学院大学は偏差値48.2の私立中堅下位~中堅レベルの大学です。偏差値は大学の難易度や学力水準を示す指標の一つです。神戸学院大学の偏差値は河合塾と東進の調査結果に基づいています。

神戸学院大学の各学部・学科の偏差値については、河合塾の調査結果によると、法学部や経済学部、人文学部、経営学部などは45.0の偏差値を持っています。現代社会学部やグローバル・コミュニケーション学部は45.0から47.5の範囲にあります。心理学部は47.5の偏差値を持ち、薬学部や栄養学部は45.0の偏差値とされています。総合リハビリテーション学部は40.0から47.5の範囲にあるとされています。

一方、東進の調査結果では、神戸学院大学の偏差値は45.0から58.0の範囲にあります。上位学部は私立準難関レベルとされています。また、ベネッセによると、神戸学院大学の偏差値は46から59の範囲であり、特に上位学部の偏差値は59であり、受験生全体の上位18.41%に相当します。

以上の調査結果から、神戸学院大学の偏差値は学部によって異なりますが、全体的には中堅レベルと言えます。ただし、偏差値だけでなく、受験難易度や入試レベルを判断する際には、口コミ情報や学生や卒業生の話も参考にすることをおすすめします。

💡

おすすめ関連記事

【大人の勉強やり直し】おすすめのドリルを教科毎に紹介!選び方も解説!
【大人の勉強やり直し】おすすめのドリルを教科毎に紹介!選び方も解説!

3.ネットでの評判について

university

神戸学院大学についてのネットでの評判をまとめると、以下のような意見があります。

経済学部経済学科の評価

  • カリキュラムが充実しているため、経済という幅広い学問を学ぶことができる。
  • 学生主体で課題解決をしていくため、主体性や行動力が身につく。
  • 地域企業との関わりがあるため、就職に有利。
  • キャンパスが三ノ宮に近く、通学が楽。
  • 蔵書数が多く、トレ室や自習室も完備されており、学習環境が整っている。
  • ゼミや実習で友人関係が作りやすいが、コロナの影響により話す機会が制限されている。

栄養学部栄養学科の評価

  • カリキュラムが充実しているため、国家試験に合格するための準備ができる。
  • 実習があり、専門的な知識を学ぶことができる。
  • 先輩たちの進路は多様であり、様々な職業に進むことができる。
  • 有瀬キャンパスに位置しており、明石方面からの通学も多い。
  • 学習に必要な環境が整っており、友人関係や部活動も充実している。

薬学部薬学科の評価

  • 教授陣が学生の勉強をサポートするために工夫をし、協力してくれる。
  • 授業は分かりやすく、知識のみならず考察力や理解力も身につく。
  • 国家試験合格率が高く、学習指導が充実している。
  • アクセスが良く、キャンパスの設備も充実している。
  • オリエンテーションなどで友人関係を築く機会があり、心配する必要はない。
💡

おすすめ関連記事

【iPad学習法】iPadで勉強した大人が考えるメリット・デメリット

人文学部人文学科の評価

  • 教職の取得ができるため、他の学部より選択肢が広がる。
  • 教師が熱心に指導してくれるため、学ぶ姿勢を大切にできる。
  • ゼミもわかりやすく、楽しい授業が行われている。
  • 高い就職率があり、良い学部と評価されている。

これらの評判を参考にすると、神戸学院大学では各学部で充実した学習環境や友人関係が築けるとの意見が多く見られます。ただし、コロナの影響や一部の不満もあります。各学部には特色や魅力があり、受験生は自身の希望や興味に合った学部を選ぶことが重要です。

4.入試情報と受験レベル

university admission

神戸学院大学の入試は、一般入試前期において大きく3つの方式があります。これにより受験生は自身の目標に応じて受験戦略を立てることができます。

入試方式の選択肢

  1. スタンダード型: 国語・英語・(地歴・数から1つ)の3科目を受験します。
  2. 高得点科目重視型: スタンダード型で回答した科目のうち、高得点1科目を2倍換算します。
  3. 共通テストプラス型: スタンダード型に加えて共通テストの高得点1~2科目を受験します。
💡

おすすめ関連記事

大人の学力テスト:プログラミング

入試の受験レベル

神戸学院大学の偏差値は学部によって異なりますが、一般的な模試の偏差値よりも低く出る傾向があることに注意が必要です。まずは偏差値42.5を目指しましょう。

以下は各学部の偏差値の一部です。

  • 法学部: 37.5〜42.5
  • 経済学部: 37.5〜40.0
  • 経営学部: 37.5〜40.0
  • 人文学部: 37.5〜40.0
  • 心理学部: 40.0〜42.5

また、入試の受験レベルについては各学部の共通テスト得点率も参考になります。例えば、法学部の共通テスト得点率は55%〜66%です。

受験生は自身の目標や志望校に応じて入試方式を選択し、偏差値や共通テスト得点率を参考に受験の準備を進めることが重要です。神戸学院大学の入試は多様で複雑なので、入試要項を必ず確認しましょう。

入試情報の参考

神戸学院大学では主に3つの入試方式が用意されていますが、その他にも公募制推薦入試や大学入試共通テスト利用入試なども存在します。

  • 公募制推薦入試: 例年11月下旬に実施される入試で、合格をもらった上で2月の一般入試で上位志望校にチャレンジすることが一般的です。
  • 一般入試: 前期・中期・後期の3期に分けて実施され、一般選抜入試前期日程や中期日程では1日で複数の学部・学科を受験することが可能です。
  • 大学入試共通テスト利用入試: 国公立志望者が受験する場合に利用できる入試方式で、出願のみで合否判定をしてくれます。

入試方式や受験日程によって異なる条件や特徴がありますので、詳細は公式ホームページを参考にしながら受験計画を立てましょう。

💡

おすすめ関連記事

【大人の勉強やり直し】美術のおすすめ学習方法3選+学び直すメリット4選

5. 就職率とキャリアサポートの重要性

university

神戸学院大学は非常に高い就職率を誇っており、2022年の就職率は驚異の96.5%です。この素晴らしい数値は、大学の優れたキャリアサポート体制と学生の取り組みの結果と言えます。

💡

おすすめ関連記事

持ってるだけで金になる資格!キャリアアップや収入アップを実現する資格取得の秘訣

5.1 就職率の高さ

ほとんどの学生が就職していることは明白であり、希望通りの職場に就職できているかは明記されていませんが、その成果が示されています。また、神戸学院大学の卒業生のうち約1/3が兵庫県内での就職を選んでおり、次に多いのが隣の大阪府です。これらの2つの地域が卒業生のほぼ半数の就職先を占めています。

5.2 キャリアサポート体制

神戸学院大学では、学年ごとに充実したキャリアサポートが提供されています。以下に、各学年ごとの具体的なサポート内容をご紹介します。

1年生

  • 学生生活の目標や将来の計画を考えることが始まります。

2年生

  • 職業感を養い、希望する職種を見つけるためのサポートが行われます。

3年生

  • 本格的な就職活動に入ります。

4年生

  • 夏までに内定を獲得できる学生も多数います。
💡

おすすめ関連記事

【2023年2月】超お得なAudible(オーディブル)キャンペーン最新情報
【2023年11月】超お得なAudible(オーディブル)キャンペーン最新情報

5.3 キャリアセンターの存在

大学生活は楽しいものですが、将来に向けた準備も重要な要素です。神戸学院大学のキャリアセンターでは、学生が就職を意識し、将来の人生を考える際にしっかりとサポートを受けることができる環境が整っています。

就職率96.5%という驚異的な数値は、神戸学院大学のキャリアサポートの力と学生の努力によるものです。学生一人ひとりが将来に向けて目標を持ち、充実したキャリアサポートを受けながら成長していける環境が整っています。

まとめ

神戸学院大学は、充実した学生生活と学びの場を提供している魅力的な大学です。学生たちは多様な学部と学科から興味や将来の目標に合わせて学びを深めることができます。また、施設や環境も整っており、学生同士の交流や活動をサポートしています。

さらに、神戸学院大学は偏差値や就職率などの指標でも高い評価を得ています。偏差値は中堅レベルと言えますが、各学部の特色やカリキュラムを活かして充実した学びを追求することができます。また、就職率96.5%という数値は、大学の優れたキャリアサポートと学生の努力によるものです。

神戸学院大学は、将来に向けて活躍できる力を身につけるための環境が整っています。キャリアサポートの存在や学生の成長をサポートする取り組みなど、就職活動に向けての準備がしっかりと整っています。神戸学院大学で充実した学生生活を送り、自分の将来に向けて一歩踏み出しましょう。

💡

おすすめ関連記事

【無料】100問計算問題アプリ(ドラゴン桜が推奨)

よくある質問

Q1. 神戸学院大学の学生数はどれくらいですか?

A1. 神戸学院大学の学生数は1万1千人を超えており、神戸市の私立大学の中でも最も大きな規模です。

💡

おすすめ関連記事

【大人の勉強やり直し】漢字のオススメの学習方法4選+学び直すメリット4選
【大人の勉強やり直し】漢字のおすすめ学び直し方法4選+学び直すメリット4選

Q2. 神戸学院大学の特徴や強みは何ですか?

A2. 神戸学院大学の特徴や強みは以下のような点があります:
– 学部を超えた学び(IPE)や独自の取り組みが行われている
– ボランティア・防災活動や地域交流など、地域に密着した活動が盛ん
– 企業との取り組みによる実践的なプロジェクトが行われている

Q3. 神戸学院大学の偏差値や受験レベルはどのようなものですか?

A3. 神戸学院大学の偏差値は学部によって異なりますが、全体的には中堅レベルと言えます。具体的な偏差値は以下のようになっています:
– 法学部: 37.5〜42.5
– 経済学部: 37.5〜40.0
– 経営学部: 37.5〜40.0
– 人文学部: 37.5〜40.0
– 心理学部: 40.0〜42.5

💡

おすすめ関連記事

【大人の勉強やり直し】オンライン学習塾・通信おすすめ比較ランキング【口コミ・評判あり】
【大人の勉強やり直し】オンライン学習塾・通信おすすめ比較ランキング【口コミ・評判あり】

Q4. 神戸学院大学の就職率はどれくらいですか?また、キャリアサポートは充実していますか?

A4. 神戸学院大学の就職率は96.5%と非常に高いです。また、学校内には充実したキャリアサポート体制が整っており、学生が将来の就職活動に向けてしっかりと準備できる環境があります。