›› スタディサプリで学び直した体験談をみる

偏差値37の大学に進むか一浪するか?勉強不足と向き合う選択の話

この記事は消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に作成しています。一部外部リンクにはPRが含まれる場合もあります。

偏差値37という数字によって、大学進学の選択肢が限られてしまった私。多くの人にとって、偏差値は大学選びや進路において重要な指標となりますが、果たして偏差値37の大学に進むべきなのか、他の選択肢を模索すべきなのか。このブログでは、私が直面した”偏差値37の大学に行くか、一浪するかの選択”について、勉強不足の原因や覚悟から考察し、皆さんが同じような状況に迷った際に参考になるような情報をお届けします。

1. 偏差値37の大学に行くか、一浪するかの選択に迷っている

university

私は現在、偏差値37の大学に行くか、一浪するかの選択に迷っています。大学受験の過程で勉強不足を感じ、自分の努力不足に後悔もあります。一方で、合格できたことには喜びも感じています。

大学に行くか一浪するか、この選択は私にとって重要なものです。自分自身の能力や目標と向き合い、将来のために最善の選択をする必要があります。以下では、この選択をするための考え方やポイントについて探っていきます。

💡

おすすめ関連記事

motivation
大学全落ちでも諦めない!浪人できない状況でも前向きな選択肢を見つける方法

2. 勉強不足の原因と覚悟

student

学生時代に勉強不足を感じる理由はさまざまですが、私の場合はバイトに熱中していたため、偏差値が37まで落ちてしまいました。しかし、自分の将来について考え、勉強に真剣に取り組む覚悟を決めました。勉強不足の原因について考えると、以下のような要素が挙げられます:

  1. 遊びに夢中になりすぎること:小中学生の頃、私は負けず嫌いな一面があり、スポーツやゲームに熱中して勉強を軽視していました。遊ぶことに楽しみを見出し、勉強に対しての意欲が低かったです。

  2. 親のサポートの欠如:私の場合、親から特に勉強に対しての指導や助言を受けたことはありませんでした。親が勉強の重要性を理解しておらず、自由に遊ばせていたことも原因の一つです。

勉強不足を感じた私は、将来に対する覚悟を固めることにしました。以下は私が取り組んだ覚悟の一部です:

  1. 自己啓発の意識:学校の勉強だけでなく、自己啓発にも積極的に取り組むことを決意しました。インターネットなどを活用して、自分の興味や関心のある分野についても学び続けることを心掛けました。

  2. 毎日の計画的な学習:無理なく続けられるよう、毎日の学習計画を立てました。時間を区切って集中して勉強し、やるべきことをこなすことに徹底的に取り組みました。また、復習や定期テストの対策にも時間を割くことを忘れませんでした。

  3. 努力と忍耐:勉強はすぐに成果が出るものではありません。最初は分からなくても諦めずに取り組み、同じミスを繰り返さないようにしました。また、挫折や困難に直面しても諦めずに前向きな姿勢を持ち続けました。

  4. 周囲のサポート:一人で勉強するのは難しいと感じたため、友人や家族の支えを借りるようにしました。お互いに励まし合い、勉強のモチベーションを高めることができました。

以上が私が勉強不足を感じた原因と、それに対する覚悟です。勉強は一朝一夕で身につくものではありませんが、一つひとつの小さな努力を積み重ねることで成果を上げることができました。私の経験から、勉強に取り組む際には自分自身の覚悟を持ち、努力と忍耐を持って取り組むことが重要だと感じています。

3. 偏差値とは何か、平均と最高点について

test

偏差値は、テストの点数だけでは十分な評価ができない場合に使用される指標です。偏差値は、受験者の得点が平均点からどれだけ高いか(または低いか)を示し、テストの難易度や受験者の学力のレベルに基づいて位置を表しています。偏差値は、平均点を基準として計算されます。

偏差値の平均は50です。自分の得点が平均点と同じ場合、偏差値は必ず50になります。一般的なテストでは、偏差値は通常25から75の範囲に収まります。ただし、計算上の都合で偏差値が100以上や0未満になる場合もありますが、極端なケースでは偏差値の意味がないと言えます。

偏差値は、自分の学力を客観的に評価するための指標です。自分の点数や順位に左右されずに、受験者全体の中で自分の学力を把握することができます。偏差値を比較する際には、テストを受けた人数や学力レベルの情報を確認することが重要です。

また、偏差値の計算には標準偏差という統計指標が使用されます。標準偏差はデータのばらつきの大きさを示し、得点が平均点に集中している場合には標準偏差は小さくなり、逆に得点が広がっている場合には標準偏差は大きくなります。

偏差値の理解を深めるためには、定期的なテストでの偏差値の推移を確認することが役立ちます。自分の偏差値を定期的に確認することで、学習の成果や課題を把握し、今後の学習に活かすことができます。ただし、偏差値はテストを受けた人数や学力レベルによって変動するため、比較する際にはその情報を考慮する必要があります。

💡

おすすめ関連記事

日本医療大学通信は学費が高すぎ?合格率40%で落ちるって本当?社会人の学び直し事情を解説

4. 偏差値の活用方法と注意点

education

偏差値を適切に活用することで、自分の学力を客観的に把握することができます。以下では、偏差値の活用方法と注意点について説明します。

4.1 偏差値の活用方法

偏差値を活用することで、以下のような方法で自分の学力を相対的に把握することができます。

  1. 偏差値を使用して学力の比較: 自分の得点を学力レベルの比較に置き換えることで、客観的に自分の実力を知ることができます。
  2. 定期的な偏差値のチェック: 定期的に偏差値を確認することで、自分の努力の成果を確認できます。自分の頑張りがどれくらい結果に結びついているかを把握することができます。
  3. 偏差値を使った弱点の発見と克服: 偏差値を通して、自分の苦手な科目や問題の傾向を把握し、重点的に取り組むことができます。自分の弱点を正確に把握し、今後の学習に生かすことができます。

4.2 偏差値の注意点

以下に、偏差値の活用に際して注意すべき点を紹介します。

  1. 偏差値の比較には条件の考慮: 偏差値は、テストを受けた人数や学力レベルのばらつきによって変動します。そのため、偏差値を比較する際には、同じテストを受けた集団の特徴や条件を考慮する必要があります。
  2. 異なる集団の偏差値の比較は避ける: 異なる集団の結果を比較する際には注意が必要です。たとえば、全国規模の模試と校内テストの結果を比較する場合など、集団の学力レベルや得点のばらつき具合が異なるため、公平な判断ができません。
  3. 偏差値のみに頼らず他の評価基準も考慮: 偏差値は学力を完全に表すものではありません。偏差値だけでなく、他の評価基準や情報も参考にして自分の実力を客観的に把握しましょう。
  4. 偏差値を参考程度に活用: 偏差値は参考にするべきですが、進路選びをする際には、偏差値だけでなく、自分の興味や目標、将来の希望などを総合的に考慮する必要があります。

以上が、偏差値の活用方法と注意点の紹介です。偏差値は自分の学力を客観的に把握するための有用な指標ですが、適切な解釈や比較が必要です。自分の目標に合わせて偏差値を活用し、将来の進路選びに役立てましょう。

5. 内申点オール4の偏差値と高校選びのポイント

high school

高校選びにおいて、内申点オール4の偏差値を考慮することは非常に重要です。内申点オール4はオール5ほど優れた成績ではありませんが、オール3よりは上の評価を受けています。

5.1 偏差値と内申の組み合わせ

内申点オール4の偏差値によって、高校合格の可能性を把握することが重要です。高校選びの参考になる組み合わせとして、以下のポイントがあります。

  • 有望圏ライン:内申点オール4の偏差値が80以上(内に入れば合格の可能性は80%以上)。
  • 可能圏ライン:内申点オール4の偏差値が60以上(内に入れば合格の可能性は60%以上)。

上記の組み合わせは、高校合格の見通しが立つ一般的なラインです。

💡

おすすめ関連記事

motivation
大学全落ちでも諦めない!浪人できない状況でも前向きな選択肢を見つける方法

5.2 標準的な偏差値と内申の組み合わせ

以下に示すのは、東京都立高校の普通科における各学区別の内申点オール4の偏差値と内申の組み合わせの一例です。ただし、これらはあくまで参考値であり、各高校の状況によって異なる場合があります。

東京都立高校普通科 旧第一学区:男子

  • 日比谷高校: 偏差値71 / 内申61
  • 小山台高校: 偏差値64 / 内申57
  • 三田高校: 偏差値63 / 内申53
  • 雪谷高校: 偏差値55 / 内申46
  • 田園調布高校: 偏差値53 / 内申44
  • 大崎高校: 偏差値44 / 内申40

東京都立高校普通科 旧第一学区:女子

  • 日比谷高校: 偏差値70 / 内申62
  • 小山台高校: 偏差値64 / 内申60
  • 三田高校: 偏差値63 / 内申58
  • 雪谷高校: 偏差値55 / 内申50
  • 田園調布高校: 偏差値53 / 内申48
  • 大崎高校: 偏差値43 / 内申42

東京都立高校普通科 旧第ニ学区:男子

  • 戸山高校: 偏差値69 / 内申59
  • 青山高校: 偏差値68 / 内申57
  • 駒場高校: 偏差値63 / 内申56
  • 目黒高校: 偏差値58 / 内申48
  • 広尾高校: 偏差値55 / 内申46
  • 松原高校: 偏差値46 / 内申41
  • 桜町高校: 偏差値45 / 内申40

東京都立高校普通科 旧第ニ学区:女子

  • 戸山高校: 偏差値67 / 内申61
  • 青山高校: 偏差値67 / 内申61
  • 駒場高校: 偏差値63 / 内申60
  • 目黒高校: 偏差値57 / 内申53
  • 広尾高校: 偏差値55 / 内申52
  • 松原高校: 偏差値47 / 内申43
  • 桜町高校: 偏差値45 / 内申43

東京都立高校普通科 旧第三学区:男子

  • 西高校: 偏差値70 / 内申59
  • 豊多摩高校: 偏差値61 / 内申51
  • 井草高校: 偏差値56 / 内申47
  • 石神井高校: 偏差値55 / 内申47
  • 武蔵丘高校: 偏差値52 / 内申44
  • 鷺宮高校: 偏差値49 / 内申42
  • 杉並高校: 偏差値51 / 内申43

東京都立高校普通科 旧第三学区:女子

  • 西高校: 偏差値68 / 内申62
  • 豊多摩高校: 偏差値60 / 内申55
  • 井草高校: 偏差値57 / 内申52
  • 石神井高校: 偏差値56 / 内申51
  • 武蔵丘高校: 偏差値52 / 内申47
  • 杉並高校: 偏差値52 / 内申46
  • 鷺宮高校: 偏差値50 / 内申46

東京都立高校普通科 旧第四学区:男子

  • 竹早高校: 偏差値63 / 内申55
  • 北園高校: 偏差値61 / 内申53
  • 文京高校: 偏差値59 / 内申51
  • 豊島高校: 偏差値54 / 内申46
  • 向丘高校: 偏差値52 / 内申45
  • 高島高校: 偏差値47 / 内申42

東京都立高校普通科 旧第四学区:女子

  • 竹早高校: 偏差値63 / 内申60
  • 北園高校: 偏差値61 / 内申58
  • 文京高校: 偏差値59 / 内申56
  • 豊島高校: 偏差値55 / 内申50
  • 向丘高校: 偏差値52 / 内申50
  • 高島高校: 偏差値48 / 内申46

東京都立高校普通科 旧第五学区:男子

  • 上野高校: 偏差値57 / 内申50
  • 江北高校: 偏差値51 / 内申45
  • 足立高校: 偏差値45 / 内申42

東京都立高校普通科 旧第五学区:女子

  • 上野高校: 偏差値57 / 内申54
  • 江北高校: 偏差値51 / 内申49
  • 足立高校: 偏差値45 / 内申45

東京都立高校普通科 旧第六学区:男子

  • 両国高校: 偏差値62 / 内申53
  • 小松川高校: 偏差値63 / 内申55
  • 城東高校: 偏差値61 / 内申52
  • 江戸川高校: 偏差値55 / 内申49
  • 深川高校: 偏差値54 / 内申46
  • 東高校: 偏差値51 / 内申45
  • 本所高校: 偏差値50 / 内申44
  • 小岩高校: 偏差値49 / 内申44
  • 紅葉川高校: 偏差値46 / 内申41

東京都立高校普通科 旧第六学区:女子

  • 小松川高校: 偏差値61 / 内申57
  • 城東高校: 偏差値59 / 内申
  • 東高校: 偏差値51 / 内申47
  • 深川高校: 偏差値54 / 内申46
  • 本所高校: 偏差値52 / 内申50
  • 小岩高校: 偏差値48 / 内申46
  • 紅葉川高校: 偏差値46 / 内申

これらの学区別の偏差値と内申の組み合わせは参考になりますが、高校選びは学校のカリキュラムや雰囲気、自分の進学希望校との相性など多くの要素を考慮する必要があります。内申点オール4の偏差値は一つの指標ですが、全てを決定するものではありません。自分自身や子供の将来を見据えながら、適切な判断を行ってください。

💡

おすすめ関連記事

university
神戸学院大学の「やばさ」徹底解剖!学生が楽しむ秘訣と魅力満載!

まとめ

高校選びにおいて、内申点オール4の偏差値を考慮することは重要です。偏差値37の大学に落ちた経験から、自分の学力を客観的に把握し、将来の進路選びに活かすことは必要不可欠です。偏差値は自分の学力を相対的に把握し、学校の評価基準を理解するための参考指標ですが、全てを決めるものではありません。高校選びにおいては、自分自身の興味や目標、将来の希望を重視し、総合的に判断することが大切です。偏差値37の大学に落ちた経験を活かし、これからの進路選びに向けて慎重に考え、自分にとって最善の選択をすることをおすすめします。努力と忍耐を持って取り組み、将来の目標に向かって頑張ってください。

よくある質問

質問1:偏差値とは何ですか?

偏差値は、受験者の得点が平均点からどれだけ高いか(または低いか)を示す指標であり、テストの難易度や学力レベルに基づいて位置を表しています。

💡

おすすめ関連記事

慶應義塾大学通信は偏差値や口コミがやばい?社会人の学び直しはやめとくべき?

質問2:内申点オール4の偏差値を考慮する必要がありますか?

はい、内申点オール4の偏差値は高校選びにおいて非常に重要です。内申点オール4の偏差値によって、高校合格の可能性を把握することができます。

質問3:偏差値を比較する際に注意すべき点はありますか?

はい、偏差値を比較する際には、同じテストを受けた集団の特徴や条件を考慮する必要があります。異なる集団の結果を比較する場合には注意が必要です。

💡

おすすめ関連記事

慶應義塾大学通信は偏差値や口コミがやばい?社会人の学び直しはやめとくべき?

質問4:高校選びにおいて内申点オール4の偏差値以外にも考慮すべき要素はありますか?

はい、高校選びには学校のカリキュラムや雰囲気、自分の進学希望校との相性など多くの要素を考慮する必要があります。内申点オール4の偏差値は一つの指標ですが、全てを決定するものではありません。